第2303回「お家に絵は飾っていますか?」


FC2 トラックバックテーマ:「お家に絵は飾っていますか?」

絵は飾っていない。
特に興味もなく、良し悪しもよくわからない。
絵、本体ではないが、いわさきちひろの絵は好きで、
ポストカードや挿絵として使われたものを飾っていたことはある。

実家では昔、応接間に落穂拾い、廊下の突き当りに赤富士の絵を飾っていた。
誰の趣味だったのかはわからない。
赤富士は夜中にトイレに行くときに見ると、ちょっと怖かった。
姉は油絵を描いていたこともあったが、自分の作品を飾ることはなかったと思う。

日記(2/22)

今日は猫の日、竹島の日。
昨日からの雪で朝の積雪は12センチとのこと。
今は雪はやんでいるし、少し溶けたようだ。
今日は窓も結露していた。
結露を拭くついでに、窓も掃除。
内側だけ。

ブログの整理
だいたい1/6位の記事は消したかもしれない。
元の記事数を確認してはいないけど。

書くことがなくてなんとなく書いたトラックバックテーマとか
その時にスクラップしておこうと思ったニュースとか
消したのはそういうものが多い。
本当は八割くらいを占めるどうでもいい日記が一番どうでもいいのだけど
いつくらいから顔の熱さに悩んでいたとか、肩関節周囲炎の発症から快癒までとか
自分だけの参考になりそうなものは一応残してある。

日記(2/15)

昨日、今日はだいぶ気温が高めとのこと。
5月の気温などと天気予報の人は言っていたが、そこまでの暖かさは感じない。

一昨日の午後、突然具合が悪くなった。
原因として考えられるのはGoogle Earthに酔った。
それと昼食が少しだけ油っこいものだった(揚げ物)。←たったそれだけで?
その後のコーヒーで冷えたのかなという気もする。
めまい、吐き気、下痢。
乗り物に乗ったわけじゃないけど、乗り物酔いの薬を飲み、
頭を動かすことができないので、眠くはないけど18時に完全に寝る準備をして横になった。
手足がとても冷えていて、電気あんかでふくらはぎを温めた。
冷えて小が近くて、何度もトイレに起きた。
日中、おなかは壊していたが、酔い止めを飲んでからは大は落ち着いた。
昨日の朝、おそるおそる起き上がったら、めまいは治っていた。
胃はまだちょっと怪しかったので、昨日はりんごとか梅干し粥とかで過ごした。
今日はほぼ完全に大丈夫。

揚げ物→コーヒー→Google Earth(ほんの5分)で調べもの
たったこれだけであんなに具合が悪くなるなんてどうしたことか。




日記(2/10)

髪を切りに行ってきた。
二か月ぶりくらい。
ショートが楽すぎて、もう伸ばす気は全くない。
でも気を付けないとおっさん化が進行している。
特に家に居る時。
誰にも見られていないからと言って気を抜きすぎるのは気を付けようと思う。

この前書いた通り、昔の記事を少しずつ消している。
以前は一か月に24記事とか書いていた月もあった。
ほぼ毎日。
昔は胃痛や頭痛に悩んでいたことも思い出した。(ちょくちょく触れていた)
今も頭痛や胃痛はあるけど、そのことについて悩むということはなくなった。
そして(今から思えば)どうでもいいことにイライラしていたようだ。

日記(2/4)

立春
まだまだ寒さは続くけどちょっとうれしい。

数日前からコラーゲンサプリを飲んでいるが、どうも身体に合わないらしい。
下し気味。
食べすぎとか何かにあたったとかノロとかのような状態ではなく、おなか以外は全く具合は悪くない。
大分前に痛み止めの抗生物質の副作用でおなかを下したけど、それと同じような状態。
試しに飲むのをやめてみたら症状は起きなかった。
調べてみたらコラーゲンの過剰摂取でそうなることもあると書いてあったが
規定量よりは少ない分量を飲んでいたのにダメだった。
合わないということなのだろう。
肌の乾燥改善に飲み始めたのだが、残念。

日記(2/2)

今月もリモートワークメイン。
昨日の午後はとても風が強く、家に居ることができて良かったと実感した。

ソーイング・ビー、今期も観ている。
ネタバレが嫌いな人は多いとは思うけど、私はこの手のものは先に優勝者を知っておきたい。
この人はちょっと(発言や態度から感じるものが)嫌だなと思う人が優勝者であれば観ない。

ベイクオフにしろソーイングビーにしろ、嫌だなと思う人が優勝したことはない。
(でも終盤まで残ることも多い)
中盤までは情報を入れずに観ているけど、準決勝あたりで調べる。
今回も調べて、イギリスのサイトでようやく発見した。

昨日は異例の措置で誰も落ちず、4人で決勝することになった。
だから次回から観るかどうかを決めるために、調べた。
今シーズン最初からコイツやだなと思っていたBさんは、
昨日落ちるかと思っていたのに残ってしまった。
Bさんは技術はあるし、センスもあるし、いつもきっちり仕上げていると思うけど
勝気で強気でわざとらしいところがちょっと苦手。
彼女は折り紙のテーマからは若干ずれていたのに甘い判定だ。

アジア系のMさんは醸し出す雰囲気が嫌いじゃないし、
決勝メンバーの中では最年長のDさんもセンス抜群で好き。
Aさんはいつも課題の意図をうまくくみ取り、仕上がりもいい。
優勝者は今回残った4人の中では作品や人柄(あくまでも感じでしかないが)が
一番好印象のAさんだということがわかったので安心して観ることができる。



日記(1/28)

もうすぐ1月も終わる。早い。
お正月の帰省の後、大根や白菜等々
いろいろ貰ったがそろそろ尽きてきた。
漬けたり干したりいろいろ工夫して日持ちさせた。
あと残っているのは乾燥青豆くらい。

このブログは2007年12月から書いている。
たまにしか書いていないけど、それでも結構長く続けることができた。
今、古い記事を読み返して少しずつ消している。
ブログを今すぐやめるとか、そういうつもりはないのだが、永久に続けるわけでもない。
一度にスパッと削除するのではなく、少しずつ縮小していく意向。
昔の記事を読むと、
こんなこと考えていたのかーとか、なんでそんなことにカリカリしていたのかとか
客観視できて面白い。

日記(1/25)

朝、雪が積もっていた。
ニュースによれば(外には出なかったので)仙台市で12センチの積雪だったらしい。
南側の窓から眺めた限りでは、昼には陰の場所以外は溶けていた。
気温も昨日、今日と低い。
今は寒中。暦通りの寒さだ。

冬でもカポックが少しずつ成長している。
もう一回り大きい鉢に植え替えたいけど
春の彼岸を過ぎてからにしようと思う。
少しずつ日が長くなっていくのが実感できてうれしい。

日記(1/16)

朝、2センチほど雪が積もっていた。
小雪がちらついたり、うっすら屋根に雪が積もったりしたことはあったけど
市街地では今シーズン初めての雪らしい?雪。

気温も低くとても寒かったが、メディアテークに行って
「細倉を記録する寺崎英子の遺したフィルム展」を見て来た。
細倉は閉山後にマインパークに一度行ったきり。
かつてはなんでも揃った大きな街だったこと、空襲もあったこと、
栗鉄(くりでんではなく栗鉄)の終点だったこと、映画「東京タワー」のロケ地だったこと等ぐらいしか知らない。

高校の頃、細倉から通っている人と友達になった。
既にご両親は別の土地で再就職していて、その子はおばあさんと細倉に残っていた。
(おばあさんが移転を拒んだのか、その子が高校までは地元を望んだからなのか事情はわからない)
家にお風呂がなく、銭湯通いだと聞いて、(口には出さなかったが)不便だなあと思ったけど
昔の街路図を今日見てきて本当に映画館から各種のお店までなんでも揃っていたということがわかった。
銭湯は細倉地区というさほど広くはない街の中に7か所くらいは確認できた。
展示されていた街路図は最盛期の頃(昭和30年~40年代)のものなので
閉山後の昭和末期から平成の初めにはだいぶ寂れてはいたとは思われるが
銭湯は複数まだあるようなことを当時言っていたと記憶している。
写真は閉山後(昭和62年)から撮り始めたということで、時代的にはそう古くはないのだが
昭和初期のように思えるような街並みだった(だからこそロケ地にもなったのだろうけど)。

(展示の説明によると)
細倉鉱山自体は伊達藩の頃からあり、昔は金、銀、銅、亜鉛などが採掘されたらしい。
伊達藩の重要な産業だったと書かれていた。
その後三菱金属として鉛、亜鉛を採掘したとのこと。
小学生の頃の地図帳には、確かに細倉鉱山:鉛、亜鉛と書かれていた。
そして、びっくりしたのは「細倉當百」という貨幣の存在。
江戸末期に細倉とその周辺で使われていた地方通貨だとのこと。
展示されていたのはレプリカだが、銀色で、四角くて、6センチ四方くらいだった。

懐かしい栗鉄の写真もあった。
そう、私の記憶はくりでんよりも栗鉄時代のイメージのほうがはるかに強い。
クリーム色とオレンジ色の二色の車両、緑色の長い椅子。
数えるほどしか乗ったことはないが、確かに記憶に残っている。

小さな展示で、私が見ている間にもう一人と、
あとは小学生の社会科見学的な人たち以外はいなくて
じっくりと見てくることができてよかった。
昔、お年寄りに「細倉は空襲にあったんだよ」って聞いたとき、
敵機はよく、こんな田舎の鉱山を知っていたなあと思ったものだが
細倉は思っていたよりも大きな鉱山だった。

細倉當百、調べたら、マインパークでその形、大きさの最中が売られているらしい。
(最中は好きではないのでいらないけど)

写真展は1月22日まで。

日記(1/7)

ちょっと買い物に出かけたら振袖姿の人をちらほら見かけた。
住んでいる市では、今日が成人式らしい。
自分にはもう関係なくても振袖を眺めるのはちょっと楽しい。

今日は昭和天皇の命日。
ニュースによれば、暮れから体調不良が続いている皇嗣妃殿下も
装束をつけて、殿上での祭祀を務められたらしい。
>天皇陛下、秋篠宮さま、そして紀子さまも殿上で拝礼されました(TBS)
でも万年ご病気の皇后は名前なし。明日にはお慎み:遥拝(=欠席)というご動静がでるだろう。
皇嗣妃殿下は年末から胃腸の調子が悪いということは1日の新年祝賀の儀や
3日の元始祭の儀も体調不良をおして出席されていたことになる。
皇后は祭祀については当たり前のように欠席(自称お慎み)
皇嗣妃殿下にはどうかゆっくりと休養をとっていただきたい。
心からご快癒をお祈り申し上げます。

ご不例のニュースに皮肉や中傷のコメントがついているけど日本人なのだろうか?
動員されたバイトという噂もあるけど、どうなのだろうか。
ちなみに、選挙のときだけ公明党お願いしますと連絡してくる元同級生に
さりげなく聞いてみたことがあるけど、
「組織としてはやっていない」「私はそういうことはやらない」と断言していた。
別の機会に私の考えをさりげなく伝えたこともあってので、たぶん私向けの答えだったのかもしれない。
ずっと前に書いたことがある、ワールドメイトの元同僚は、
「ご神業の一環としてやっている」「やると神格が上がると先生が言っている」と喜々として答えた。
まだ愛子天皇の夢を見ているらしい。そのためには皇嗣御一家を痛めつけ続けるつもりらしい。
この人、逮捕してほしい。

話が変わるがNHKってときどき不思議なほど偶然の一致があると思う。
金曜日のブギウギで「金沢への慰問は取りやめ」というセリフがあった。
同日夜のチコちゃんでは、ゲストの町田啓太が石川の航空学校に行っていたという話をしていて、
おそらく去年の収録だったのだろうけど、「石川」「飛行機」のキーワードにちょっとぞっとした。
NHKの偶然は過去にもブラタモリ等で何度かアレッ?と思ったことがある。

「石川」「飛行機」のキーワード
去年の10月15日に天皇とその妻が金沢で開かれた国文祭に出席。
出発の際に羽田空港で飛行機トラブルがあり、予備機に乗り換えたことがあった。
1日に石川県で地震、翌2日に羽田空港で事故の報を聞いたとき、この件を思い出した。
この禍々しい夫妻はこの手の話がいくつもあり、なかにはこじつけもあるけど
国の安寧を祈る立場にはふさわしくないという意見もわからなくはない。



日記(1/4)

年末年始は数日帰省した。
気温が高めで雪もなく、おだやかな気候のお正月だった。
家族も皆揃った。

新幹線、行きは座れたが、帰りはぎゅうぎゅうに混雑していた。
コロナ以前の年末年始の混み具合だった。
盛岡発の新幹線なので、飛行機から振り替えた人がいたとも思えないが
とにかく通路やデッキも動けないほどの人だった。
出入り口に大荷物を積み上げていた人がいて大迷惑だったが
その人もそれ以上奥には進めず、仕方がなかったのだろう。
降りるときに、私のすぐ前に降りた人がその荷物にぶつかって、
荷物のてっぺんに不安定に無造作に置かれていた本がホームに落ち、
あやうく隙間からホーム下の線路まで落ちそうだった。
荷物の主(女性)は悲鳴をあげていたが、ぶつかった人は無言で去った。
ぶつかった人も一言すみませんというべきだったとは思うけど
乗り降りの邪魔になるような場所にうず高くトランクやバッグやお土産を積み上げ、
その上に読みかけ?の本を置いた人の方が良くなかったと思った。
乗り降りは時間制限があるから、皆急ぎ足だし、ドアの広さの半分以上を占めていたし
そんなものにぶつからないようにするのは難しい。
とにかく、あんな混雑は久しぶりだった。

災害や事故が続き、何か不吉な年明けだ。
地震の被災者の方々や事故に遭遇した方々はそんなことを考えるいとまもないことだろう。
心からお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

昨日たまたま午前中に女性主人公の大河のおさらいみたいな番組を見たら
〆が直虎で、悲しい曲(竜宮小僧のうた)とともに、井伊直親(三浦春馬)が殺されるシーン。
他作品はあっさりだったのに、直虎はいやに長かった。
家族が、「あの人、ほんとに死んじゃったねー」などと言うし、
今日再開した朝ドラもまだ戦争中で、「犬死」とか「特攻隊」とか重たかった。
NHKも災害や事故には関係なくもともと収録されていたものを放映しただけだろうけど
新年早々、このようなおめでたくないものを出す計画をしてたのか。
(大河おさらい番組は本来であれば2日夜の予定だった)

年明け早々災害や事故が続き、改元すればいいのに…という声が
ネット上だけでなく、リアルでも言っている人がいた。


日記(12/23)

上皇陛下は90歳(卒寿)のお誕生日。
心よりお祝い申し上げます。
悠仁親王殿下ご成年の加冠の儀はもちろんのこと、
皇嗣殿下のご即位と悠仁親王殿下の立太子の礼も見届けていただきたい。

今日も寒い一日だった。
風に交じって小雪がちらついていた。
いろいろ掃除。
今年もあと一週間強。
出勤しての仕事もひとまず終了し、また在宅勤務(及び副業優先)に戻る。
出勤ではない日でも7時前には起きていたが、
出勤する日はそれよりも1時間早く起きていた。
夏はなんともないが、冬は夜明けが遅いし寒いので辛かった。

大河はこの前の日曜日に終了。
今年はあまり面白くはなく、見ない回もあったし、つけていてもながら見だったりした。
戦国大河の中ではワースト3に入る。(大河全体ではなく、戦国時代に限った場合)
戦国大河ワースト1位は江、2位は天地人だったがそれは抜いて、どうするが2位、
天地人は3位となった。去年の時点で3位だった直虎はワースト3から抜け出した。
直虎は大河としてはいまひとつでも伝承物語としては成立していた。
今から思えばそう悪くはなかった。龍雲丸だけはいらなかったが。
最終回の出来では今作が最も酷かった…気がする。
15分延長した意味なし。
でも、途中のどうしようもなくつまらない回に比べれば、突っ込みどころはあった。
燃え盛る城で長話、さっさと介錯してやれ秀頼苦しそうだぞ、茶々の最後の演説いらない、
しょうもない鯉のドッキリ、絶対出ると思っていたよ瀬名。(とにかく瀬名の無駄シーンが多いドラマだった)
鎌倉殿の最終回に家康が出ていたが、それの逆バージョンで小栗旬が天海役で登場。
源氏物語-吾妻鏡と書物を見せて、去年、今年、来年とつなげたつもりだろうけど
そういう演出もドラマが面白ければ上手いと思うのだろうけど、わざとらしいとしか思えない。
家康に関係なく、独立した一話としての話としては面白い回もあった。
鳥居強右衛門の回が好きかもしれない。
評判はよくないけど阿月ちゃんの回も一話完結で悪くはなかった。
結論を言えば徳川家康を描いたドラマとしては物足りなかった。
主演が特に下手だとも思わない。脚本がいろいろおかしい。
千姫を演じた人が褒められているようだが、うまくはなかった。
若い女性では五徳や亀姫のほうがうまかった。
(大河全体での私にとってのワーストは幕末~明治を描いた花燃ゆ)


朝ドラ
今作は面白いとこの前書いたけど、先週位からつまらなくなってきた。
相手役が出てきてドラマの面白さが薄れたのはスカーレットと同じ。
ただ、スカーレットの相手役はじっとり感が全く受け付けなかったけど
今回の人(いつの間にか名前が変わっていた)はさほど不快ではない。
あの人、また(青天を衝けに続き)悲惨な死を遂げるのか。
初回の東京ブキウギの時期にはシングルマザーだったから消えるのは確実だろう。
ドラマのピークは第六週だったか。
大好きなおでん屋さんも退場してしまった。残念。


日記(12/18)

朝、うっすらと雪が積もっていた。
寒い一日だった。

髪を切りに行ってきた。
ショートにしてから特に毛量の多さと伸びるスピードの速さが気になる。
前回から一か月も経っていないのだけど
鬱陶しくなってきたし、年末年始を挟むと間が空きすぎるのでシフト休みの今日にした。
何度か通っているけど、久しぶりの美容院。
美容師さんは初めての人。
ものすごく手際がよく、カットもうまく、希望をうまく聞き出し、その通りにしてくれて
アドバイスも的確だった。
仕上がりはすっきりコンパクトにまとまった。
似合っているかどうかはともかく、楽なのがいちばんいい(←おばさん化)

帰ってきてから店のHPで調べてみたら、担当してくれたのは店長さんだった。
予約時に指名すれば高い人だった。
いつも美容師さんの指名はしないけど今日は当たりだった。





日記(12/16)

昨日より気温は高いらしいけど、しけ寒い。
窓掃除をした。
他にもレンジフードの掃除、フィルター交換
ベランダや玄関回りの高い所の埃をはらった。
寒いとはいうものの、まだ凌げる寒さだ。

大掃除は捗っているが年賀状はまだ途中。
だいぶ数は減らしているけど、そろそろやめようかなとも思っている。
目上の方はどんどんお亡くなりになってきているので、ご存命のうちは出し続けるつもり。
メールでもやりとりできる相手はもうメールでの挨拶に移行しつつある。
年賀状「だけ」のやりとりしかしていない、一部の同級生とか、元同僚とかは
そろそろやめようかなと毎年思いながらまだやめてはいない。

前に、縁を切りたかった大学時代の同じ学生アパートだった(階が同じだっただけ)別の科の人に対して
黙って年賀状を出すのをやめたら、実家に手紙、共通の別の友達に私の住所を聞きまわる等々
しつこくて、ものすごくめんどくさかったことがあった。

今くらいの年齢になって黙ってやめると死んだと思われるかな?(思われてもいいけど)
何かの区切りか節目の年に一言書き添えて、やめようかと考え中。


日記(11/23)

231123.jpg

きれいな夕焼けだった。
30分くらい前にはきれいなオレンジ色の鱗雲だった。
日没が早くなった。
仕事の日の帰りはもう真っ暗。
まだ冬至は一か月ほど先。
これからどんどん日が短くなる。

日記(11/18)

昨日は冷たい雨が降っていたが
今日は良い天気。洗濯物も乾いた。

石油ストーブの準備も済んでいるけど
まだ小さな電気ストーブだけでなんとかなっている。
来週の日中はまた平年より暖かい日もあるらしい。

今期の朝ドラ、最初はまあまあ普通かなと思っていたが
先週と今週分は面白かった。
モデルの人にも、ジャズやらスウィングやらにも全く興味はないが楽しく見ている。
ドラマが始まる前の予告編というか番宣的なものを見て
主演の人のとある癖が気になっていた(悪い意味で)のだが
全体の流れで見るとそんなでもない。
気持ち悪い人も、真面目な人も、変り者も、デフォルメされて描かれていて可笑しい。
今のところ、一番好きなのはおでん屋さんかな。
この先しばらくは戦争やら死別?やらで深刻な展開にはなりそうだけど
とりあえずは見続ける予定。

日記(11/12)

肌寒い。
今までは涼しい日の朝晩だけちょっと電気ストーブをつければしのげたけど
そろそろ石油ストーブの出番かもしれない。

ステンレスボトルが保温しなくなった。
夏以来、久しぶりに使ったら、熱いものをいれても、冷たいものをいれても
昼には常温になっている。
落としたり、塩素系漂白剤を使ったりすると保温保冷しなくなるらしい。
塩素系の漂白剤は本体には使っていない。
軽く倒したことはあるけど、衝撃があるほど落としたことはない。
経年劣化なのだろうか。
もう一本、大き目だけど持っているので、しばらくはそれを使う。

炊飯器も音がしなくなった。
炊飯機能そのものは正常で、ボタンの操作音と炊き上がりのメロディがないだけなので
特に不都合はない。


日記(11/4)

久しぶりの通勤でぐったり。
まだ二日間だけど。
三連休がうれしい。

最近来たという年齢高めのオバサンが
私にそっくりの人(男性)を別の職場で見かけたらしい。
しかも、私と同じ姓。
オバサンは私の姓をまだ知らない状態で、
あなたとそっくりの○○君という人を知っている、と言い出して
周囲の人も私もびっくり。
その、「○○君」という言い方から、どうやら若い男性らしいのだが
顔や動きが私にとても似ているらしい。
でも、年の近い同じ姓のいとこは市内にいるけど、顔は似ていない。
それより若い年齢だと心当たりがない。
いとこの子の可能性もないではないが、他県にいるはずだし、やはり似てはいない。
同じようなことがかなり前、20年くらい前にもあった気がする。
その時も、若い男性で似ている人がいるらしくて、
弟いる?って聞かれた記憶がある。

不思議というか、怖い。
同じ市内に、同じ姓の、顔や動きが似ている男性が存在しているらしい。
姓はさほど珍しくはないけど、いろいろそっくりというのがなんか怖い。

もうひとつ、やはり今月からの人で、
以前に別の職場で会ったことのある人Aさんの知り合いのBさんが、私も知り合いだと言っている。
Aさんは知っているけど、Bさんは知らない。
でもものすごく昔からの知り合い、直接の知り合いかのように接してくる。
私が忘れているだけだろうかと不安になったが、
その人の前の職場を聞いてみても、出身地を聞いても、遠回しに学校を聞いても
何一つ一致するものはない。
親しげなのは別に不快ではないので、私も調子を合わせてしゃべってはいるけど
立て続けにいろいろ不思議。
なんだか、重層的な異空間、パラレルワールドにでも迷い込んだ気分。



日記(10/21)

つい一か月くらい前には日差しを避けていたというのに
今は日向ぼっこが心地よい。
焼き芋屋の車の音も時々する。
近くの公園の木々の紅葉も進んでいる。
今ぐらいの気候が一番心地よい。
朝晩は肌寒く、しっかり布団をかけてよく眠れ、
昼間は暑すぎず、寒すぎず、何をするのにも快適。

新朝ドラはながら見だけど、そう悪くもない。
子役の二週間はまあまあ面白かった。
題材から、おちょやんやわろてんかに近いかな(どちらも脱落した)とも思ったが
今のところはそうでもない。
子役時代だけが面白かった、なつぞらや舞いあがれ。
今作もそれが不安だったが、まだ、そう悪くもない。
風呂屋の番台脇のわちゃわちゃは全く面白くはないが不快でもない。
録画するほどでも一日二回みるほどでもないし、見逃しても惜しいとも思わないけど
ながら見はしばらく続けていこうと思っている。
BS再放送、前作のあまちゃんはさんざん見た内容だが。結局すべての回を見た。
初放送を見たうえで見ると、聞き流していたセリフに意味があったり、
ここが、あそこにつながっていたのか、という発見もあったりした。
今のBS再放送はまんぷく。
これは面白い回もあれば、しんどい回もあるので、適当にながら見。


日記(10/16)

昨日は雨で肌寒いほどだったが今日は晴れて快適。
少し速足で歩くと暑いくらいだった。
県議会議員選挙の期日前投票に行ってきた。
次の日曜日はちょっとした用事で出かけなければならない。
用事は丸一日かかるわけではないけど、投票所も結構遠くて、用事の後に行くのはめんどくさい。
期日前投票の区役所の方がたぶん近い。
天気のよい今日の内に。
散歩しながら歩いた。
金木犀のよい香りがした。
公園の木々もかなり色づいていた。

2、3日前から頂いた新米を食べている。
ところどころ一部白化した粒がある。
高温障害だろう。
でも、おいしく、ありがたく食べている。

日記(10/9)

肌寒い雨の一日だった。
今日は電気ストーブを出した。
秋冬用の布団も出した。

先日、スーパー内の一角で手ごろな値段の規格外野菜が売られていて
じゃがいもやトマトを買ったけど、どちらも中心部分が黒くなって痛んでいた。
じゃがいもは3個中2個、トマトは8個中5個、黒い部分は丁度中心付近で、取り除けば食べることはできた。
まあ、元々が規格外だし、異常な暑さが続いたのだから仕方がない。
葉物野菜であればじっくり確かめるけど、今回の場合は外からは全くわからない状態だった。

政府のガス代補助は都市ガスだけが対象でムカついていたが、
プロパンにも負担軽減策が検討されているというニュースを今年の初めくらいに聞いた。
どうなるのかと思ったが、今日、ガス料金のお知らせがきて
「宮城県LPガス料金負担軽減事業により最大2400円値引きしています」と書いてあった。
いつの間にか、そういうことになっていたらしい。
県のHPを見てみたら、その通りのことが書いてあった。
収入に関係なく、申請も不要で、値引きしてくれるとのこと。
但し、一世帯一回限りだそう。(都市ガスはもっと補助が多かった気がするけど)
確かに2400円引かれていた。
まだ暑かった9月分なので、元々のガス代もさほど高くはない。
でもありがたいことだ。

都市ガス補助ありで、プロパン補助なしだった最初の頃、
同じようにプロパンの友達から、「許せない!一緒に暴動を起こそう!」って誘われたけど断った。
不満は分かるけど、官邸にメールを送るとか、地元の議員に相談してみるとか
投書とか陳情とか請願とか他にやり方があると思う。(ガス代でやろうとは思わないけど)
それらを通り越していきなり暴動っていう考えが怖い。


日記(10/6)

朝、大きな虹がでていた。
風がとても強い。
ベランダでみかんの皮を干しているのだが、飛ばされる前に取り込んでおいた。
毎年のようにどっかに飛ばしてしまうので。
だいたいいつも決まった県の同じ農園のみかんを買うことが多いのだが、
今年のみかんは甘味が強い気がする。

日記(9/25)

夜間はかなり涼しくなったし、日中もからっとした晴れで心地よい。
昨夜は久しぶりにぐっすり眠れた感じがした。
たぶん途中で1度くらいしか目を覚ましていない。
ここ2、3カ月は暑かったり、痒かったりしていつも数回は目を覚ましていた。
今朝は起きる時間の5分前までぐっすり。
夢は目覚める寸前まで見ていた。
お彼岸やお盆期間中によく見る、父の夢。
お盆ではなくお彼岸のせいか、今回は父がこっちに来ているのではなく
父のところに遊びに行っていた。
もうそろそろ帰らなければという日、父が「今度はいつ来る?」と聞いている
私は「毎日ここにいられるよ」(もう不定期にしか通勤してないし)と言ったら
父は「それはちょっと…」などと言っていた。
もう彼岸もあけてしまう。

皇嗣両殿下は無事にベトナムから帰国された。
よかった。ベトナムでの報道をインターネットで探して追っていたが大歓迎されていたようだった。


日記(9/24)

気持ちの良いからっとした晴れ。
気温も丁度良い。
この秋初めて梨を食べた。
今年は高い
お盆過ぎくらいから食べたいなーと思っていて
昨日、若干安いのを見つけて買った。
味は…まあ普通かな。
もうちょっと、腐る寸前まで待てばよかったかも。

遠くで何かのイベントをやっているらしくて
時々音楽とか歌声が聞こえてくる。

新米を頂いた。うれしい。
今食べている米はあと2、3回分で1袋食べきるので、そのあと食べる予定。
楽しみだ。

日記(9/18)

さっきまで暑かったが雨が降ってきて少し涼しくなった。
雷も鳴った。
週間予報によると、彼岸入りあたりからこの辺に限っては涼しくなりそう。

今期の朝ドラはそれほど熱心には見ていない。
ネット記事で絶賛しているが、それほど面白いというわけでもない。
でも取り立てて不快ということもない。
脇の人物でも多層的に丁寧に描かれているとは思った。
ところどころに恣意的に思想を埋め込んでいるのは感じる。
現実界の牧野さんとは違ったピストルの件とか、神社合祀の件とか。
今日の一家の会話、ちょっと気味が悪い。
もちろん、愛国心の考え方はあれでいいと思うし、神社合祀で森が壊されることは残念なことだ。
でもちょっと今日は思想を盛り込みすぎだった。
そこまで話に入り込んで見ていないのでどうでもいいが。

日記(9/16)

ひと頃よりはだいぶ風が涼しくなったけど今日も蒸し暑い。

カポックはこんなに葉がたくさん(9月16日)
カポック230916

葉が混み合いすぎているので少し減らしたほうがいいのだろうか。

7月17日
230717.jpg

7月8日
230708


もうすぐ秋の彼岸になるし、これ以上は大きくはならないだろう。
寒くなったら室内に入れる予定。

悠仁親王殿下17歳

悠仁さま17歳、生物への知見深められ
2023/9/6 00:00
https://www.sankei.com/article/20230906-DFM2DNI775LBBKHCWGI3Y5IF74/


悠仁親王殿下お誕生日おめでとうございます
お誕生日映像が、「ご研究」とか「ご公務」の視察のようにも見えた。
と言って不自然なものではなく、本当に興味があるということが感じられた。
説明者の話を聞いている姿は秋篠宮殿下によく似ているし
田んぼを見てい様子は上皇陛下にも似ているし
醸し出す雰囲気が昭和天皇にも似ていた。
一年後の御成年、一年半後の加冠の儀が楽しみだ。

日記(8/31)

例年であればもうそろそろ涼しくなっているはずなのに
週間予報だとまだ暑さは続きそう。

夏ばてはしなかったけど、少し外を歩くだけでぐったりする。
アイスも例年になく食べた。

昨日あたりから小さな地震が頻発していてちょっと不安。
大きなのが来て、停電したり断水したりしたら大変だ。

県のニュースによるとコロナが急増しているらしい。
確かに、周辺でも聞いた。

悠仁親王殿下の成年の儀式が再来年(高校卒業後)に行われるとのことで楽しみだ。
天皇一家およびその背後勢力は全力で妨害してくるだろうけど。
事前に御一家の悪評を流す、当日に何かをぶつけてくる等々。
案の定、ここ1、2年毎年恒例の「アイコサマはティアラを作らない」を喧伝、
それにひきかえ冠が~とか通路が~とか喧しい。
宮内庁は
>男性皇族の冠は、成年に達した証として天皇から賜る儀式があることから、
>必ず新たに作っているが、女性皇族のティアラは、正装が必要な場面で使う装飾品という
>位置づけなので意味合いが異なり、比較するものではない(NHKニュースより)
装束は秋篠宮殿下のものを着用するとのこと。
さらに
>佳子さまが住まれている秋篠宮邸分室にかかる予算は来年度はない(日テレニュースより)
(※ちなみに今年度もなかった)





日記(8/24)

暑さがなかなかおさまらない。
早朝や夕方の風は若干変わってきた気がするが日中は暑すぎる。
でも確実に日の出は遅くなり、日没は早くなってきているのは実感できる。

育英は残念だった。
同じ県だからといってさほど育英びいきというほどでもなく、
そもそも高校野球に興味があるわけでもないけど
それでも試合前日のあからさまな相手チーム寄りの報道を見ると気の毒になった。
(マスコミが過度に一方向に肩入れするときは裏に何かあるのではと思ってしまう)
当日の飲み込まれそうな相手側の応援も選手の心理には多少は影響したかもしれない。
選手たちにはお疲れ様でしたと言いたい。

日記(8/19)

カポックが窮屈そうになってきたので一回り大きな鉢に植え替えした。
買った土しか入れていないはずなのに、ダンゴムシとゲジゲジが鉢の中から出てきた。
ダンゴムシは新しい鉢の中へ迎え入れたが、ゲジゲジには申し訳ないが死んでいただいた。
新しく買った土を足した。

隣のベランダは外から見るとジャングルのように植物が生い茂っていて、
どしゃぶりの時などに共通の排水用の溝からごくたまにミミズがやってくることがある。
ミミズのときは、うちでは外に植物を置いていないときだったので水を少し逆流させてお隣に返していた。
ダンゴムシやゲジゲジは買った土に紛れ込んでいたのかお隣の所有物だったのかはわからない。

実家から良い酒をもらったので昼酌もした。
昼寝もした。
暑さで夜の眠りが浅いせいか、日中に眠くなる。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: