いなりずし

いなりずしにまつわる思い出 1

高校時代の部活での出来事。
1年生の時。
上下関係がとても厳しかった。
毎年5月上旬にサイクリングに行くという、くだらない慣習があった。
その際、昼食に1年生がいなりずしを作っていく掟だった。
1年生で個数を分担して作っていったが、
その中で、F代とK美が分担個数を無視して、 すし屋のような丸い桶に大量に作ってきた。
(お母さんに作ってもらったという)
彼女達からすれば、よかれと思ってやったことだろう。
女性の先輩は2人を褒めちぎり、 男性の先輩はほくほく顔で貪り食っていた。...
私を含め、他の1年生が作ったいなりずしは余り、捨てられた。
いなりずし事件とは関係ないが、私はその部を程なくしてやめた。



いなりずしにまつわる思い出 2

以前母が入院して手術の日。 私が父達の昼食としていなりずしを作っていった。
姉の義母も病院に来た。 気を遣ってきてくれたのであろう。
本当は大切な家族の手術の日に 部外者(私から見て)がうろうろするのは耐え難い。
気を遣うし。
姉の義母はおにぎりを作ってきた。
当然気を遣って父も姉もそのおにぎりを食べなければならない。
義兄は自分の血のつながった親族だからそっちのほうがいいだろうけど。
私も無理して食べたがおにぎりは嫌い。 半分食べてこっそり捨てた。
わたしのいなりずしは結局余って捨てた。いたみやすい夏の時期だった。
なぜそんな時期に私がいなりずしを作っていったかというと
単におにぎりが嫌いだから。
姉の義母は遠足か何かのように楽しそうだった。
私が付き添いで泊り込むための用意をするために手術中に急いでアパートに戻り
また急いで病院に戻るのを見て
「ゆっくりしてくればよかったのに…」などと呑気なことを言った。
(あなたは他人だからそんなことが言えるんだね)
もっと腹が立つのは、私に「来てくれてごくろうさま」と言ったこと。
は?来てくれて?あなたからねぎらわれる筋合いはない。
たとえ年長者でも、義兄は家に婿入りした人。
あなたは部外者。
その上から目線は?
姉の義母は病院の車椅子を勝手に持ち出し、廊下で孫を縦横無尽に遊ばせ
自分の娘も呼ぶと言い出したが、私たちが無反応だったためそれはやめたらしい。
大学病院の中を孫と探検し、気が済んだのか手術が終わる前に帰って行った。
あとで、私と母と三人だけのときに父は
「あれは○○(孫の名)に会いにきただけだな」とポツリと言った。
手術は無事に終わったが、不愉快な思い出。




いなりずしにまつわる思い出 3

以前の職場で、親しくしていた同僚のOさんがお弁当にいなりずしを作ってきて私にくれた。
(細かい状況は覚えていないが)お昼は交代制で
Oさんは休憩室のテーブルに私宛のメモ書きとともにきちんと包んだ状態で置いた。
私にまとわりついてくるQという同僚が私より先の休憩時間より先で、
なぜかQが私宛の包みを開けたという。
…食べたかったからではなく、見たかったとのこと。
Q本人が、楽しそうに「見たよ~」と悪びれもせずに言った。
Qは職場の嫌われ者だった。
ぞっとした。



いなりずしにまつわる思い出 4

小学生の頃、運動会の時はそれぞれの父兄が昼食持参で見に来ていた。
当時は、運動会の会場に縁日のような出店が立ち並び地域全体の行事という感じだった。
運動会のお昼はのりまきといなりずし。
私の母のいなりずしはとてもおいしい。
みんな、それぞれ、自分の家のごはんが一番だと思っていたと思う。
いなりずしの油揚げは前の晩からしっかりと煮含めておいた。
それはとてもよいにおいだった。
家のいなりは小ぶりで食べやすかった。
お昼は近所の人同士がお重を広げ、和気藹々と食べていたが
私は他人の家の食べ物を強制されるのがとてもいやだった。
遠慮じゃなくて、自分の家のものを食べたいのに。
私は食が細く、よその家のものまで食べる胃袋のゆとりはないのに。
ほれくえ、やれくえ いいがら、いいがら あがいん(食べなさい)
うんざり…
露骨にいやな顔をすると叱られるのでしかたなく他人の家の
でかくておいしくもないいなりを食べなくてはならなかった。



いなりずしにまつわる思い出 5

ある友人がいなりずしを食べながら言った。ねえ、いなりずしの皮って煮るの?
もしかして、いなりずしの皮って油揚げ?
えーーーっ! (知らないの?)
だっていなりずし嫌いだから。 
絶句した。
ちなみにその友人と私は、共通の友人の家でいなりずしをご馳走になっている
という状況での発言。
当時友人は20代半ば。私より年上だった。知らないということにもびつくりだが
ご馳走になっている食べ物を嫌いと言い切ることにもびつくり。
自分が好きだからと言って人に押し付ける気はないが
いなりずしの作り方くらい知っていてもよい。
そして大人なのだから、とりあえずごちそうになっているものは有り難く食べた方がいい。
小学生時代の私でさえ、よそのいなりずしを我慢してにこにこしながら食べたのだから。



いなり 番外

あまりにも いなり、いなりと言うとワールドメイト会員の元同僚が眉を顰めそうだ。
ワールドメイト会員は稲荷信仰はご法度だそう。
いなりずしが好きだからといって稲荷信仰とは全く関係ないのだが
いろいろこじつけて考えるのがワールドメイト信者の特徴でもある。
ワールドメイト会員の知人が秋篠宮妃を嫌っている理由が
妃殿下の親族がお稲荷様を祀っているからだという。
それは深見氏が言っていたとのこと。
妃殿下の父方は大きな庄屋。
大きな庄屋や豪農は敷地内にお稲荷さんや荒神様を祀っていたりする。
親族の稲荷信仰とはそれを指しているのか、
はたまた深見氏が稲荷神社で張って確認したのかは知らない。
稲荷信仰はご利益信仰だからいけないということだが
パンフレットをみせてもらった限りではワールドメイトこそご利益信仰ではないか。
お金が欲しい、恋人が欲しい、○○を叶えたい…そんなどろどろした執念を抱きながら
集団で神社参拝、集団行事 恐ろしい…
狐が狐がと騒いでいるが狐にとりつかれているのは信者のあなただから。
もっとも、深見氏は狐というより狸?

ためしてガッテン枕

枕ではいつも悩んでいる。
今はバスタオルを折り重ねて枕代わりにしている。
今までどんな枕も合わなかった。
枕にいくらお金を使ったかわからない。

今日のためしてガッテンでは固めの座布団の上にバスタオルを折り重ね
頭の角度が15度になるようにする、という方法を紹介していた。
試しにやってみようと思う。

先週は冷え性、今週は枕と
私にはぴったりのテーマだが
先週のはあんまり……
効果がないというのではなく、あれを毎日作り、食べる気力がない。
冷え性も養命酒を飲んだり、鍼に行ったりしても効き目が実感できなくて
結局、外側からがんがん温めている。
本当は内側から改善しなくてはならないということは分かっているけど。

ためしてガッテン枕その後

昨日さっそく試した
「ためしてガッテン枕」はなかなか塩梅が良い
うちの座布団がやや柔らかめなのが難点だが、
それほど気にならない。
首が当たる部分はまるく傾斜している枕が良いと思っていたが
そんなことはなかった。
肩こりに効くという枕でも肩こりが良くなったことはなかった。
座布団とバスタオルだけでよいなんて…
道理で、座布団を折って眠る昼寝の心地良さ…
(それは違う心地良さかも知れないが)
今まで散々買って、そして駄目だった枕の数々
針供養ならぬ枕供養でもしようかね。
ちなみに暦によると針供養は明日2月8日。

ぽんかん

ぽんかんのおいしい季節になった。
去年はあまり買う機会がなく、残念な思いをしたので
今年は沢山買い込み、切らさないようにしている。
ぽんかんの出回る時期は短い。

ぽんかんという言葉の響きはなんだかかわいらしい。
調べてみたら椪柑と漢字では書くとのこと。
インドが原産で、日本では明治29年から栽培が始まったとのこと。

私がぽんかんを食べるようになったのはほんの3、4年前。
生協の個配を利用していた時に、チラシにぽんかんの説明が書かれていて
なんだかおいしそうだなと思って買ってみたら本当においしかった。
実は柔らかく、味もよく、私の苦手な酸味はほとんどないのがいい。
それまで、ぽんかんという名前は知っていたが
出回る時期が短いせいか食べたことはなかった。
一度食べてからはすっかり気に入った。
今年は出回っている間は少し位高くても食べ続けようと思っている。
悔いが残らないように。

Aスーパーでは熊本のもの
Bスーパーでは愛媛のものが売られている。
熊本のものは実が大きめで糖度も高い気がするが
Bスーパーで売られている愛媛のポンカンは
実は小さめだが葉っぱ付き。
この葉っぱが濃い緑色でオレンジ色の実とのコントラストが美しい。

カウントダウン

今の仕事はもうすぐ終わりに近づいている。
心の中でカウントダウンが始まっている。
当初更新せずに半年で辞めるつもりだったのに、いやだいやだと言いながら
結局部署が消滅するまでいることになった。

更新しないと決めていた当初(入ってすぐの頃)
あと120日(正味)からカウントダウンを始めていた。
私はよくカウントダウンをする。
特にいやな事、厄介な事のときにする事が多い。

子供の頃、学期末まで体育(大嫌いだった)はあと何回
クラブ活動(嫌いだった)はあと何回
嫌いな給食メニューはあと何回
日直はあと何回(いやだった)などと数えていた。
1回を消化するたびに数が減っていく…それを心の拠り所としていた。
消化したのにうっかり数を減らすのを忘れてそれに気がついた時
あ、あと10回だと思っていたのに9回だ!!
…そんな時はうれしかった。
逆に何かの都合でその数が増えたときはショックだった。

社会人になってからも、朝礼当番(年末まで)あと何回とか…
お茶当番、掃除当番、会議、行事等等
いやなことはカウントダウンをしていた。
正社員を辞め、期間に限りのある仕事をするようになってからは
仕事そのものをいつもいつもあと何日と数えていた。

カウントダウンは夏休みまであと何日 という楽しみごとまであと何日というときも使うが
夏休みが終了するまであと何日 とはあまり考えたくなかった。(数えてはいたが)

一番大掛かりなカウントダウンは
1987年位から1999年7月(私は13日に設定していた)に向けてのもの。
私はあまり生きたがりやではなく、恐怖の大王を心待ちにしていた。
半分以上ふざけてのことだけれど、(そういうことをわかってくれる)
一部の友達への年賀状にあと****日だね♪と書いていた。

どんなことでも「ここまで」 という区切りがあると、なんとか頑張れる。
わざわざ数えなくても、命も残日数は日々減り続けていく。
生きたがりやでないとは書いたが、それを考えるとなんともいえない気持ちになる。
それにいやなことを「消化する」「こなす」という考え方、
いつもそればかりの自分の性格、考え方も前向きではない。
いやなことの中に何かを見つけようとしたり、何かを学ぼうとしたり
いやでなくなるような努力をすることはあまりない。
 
ほんとはこんなんじゃだめだよなあと思いつつ 
何も変えようとしないまま、また今日も終わる。

割り箸

作る気力がなく
今日はお弁当を買った。
選ぶのも面倒なのでのり弁。

食べようと思ったら
箸が1本しか入っていない…
1本というのは割り箸を割った片方っていう事。
箸袋はお弁当屋さんの名前が入っていて
箸がすっぽり覆われているタイプのもの。
こんな不良品、ありえない。
自宅だったから他の箸があったので困らなかったけれど
もし、外だったら大変だった。

ほんとに、もう…
でも怒りというより、ふてくされ気味
やっぱりだめだよ、もう
なにもかもいやだよ。

休日の過ごし方


休日をだらだら過ごすことに罪悪感を持ったり
有意義に過ごすべきという考えの人は多いと思うが
私は、心が健康な時でも
「だらだら過ごすのが休日の醍醐味」という考えなので
土日の休日は1日は出掛けたり、友達と会ったりしても
もう1日は一人で部屋の中で過ごすことにしている。
占いも一切やらない。人との接触はしない。
そうでないと、疲れがとれない。
気持ちをリフレッシュできない。
自分だけの休日が何かの都合で潰れたりすると
とても悲しい気持ちになる。
引きこもり日は精神のバランスを保つためにも私には絶対必要。
だらだらが私にとってのストレス解消法。

単に出不精&人嫌いなのかもしれないけれど。

うるう年

今年はうるう年。
2月は29日まで。
2月が29日までだとなんだか落ち着かない。
何年かに1回あるうるう秒はなぜか得した気分になるのに
うるう年は一日多く働かなければならないので(特に月給制だと)ありがたくない。

そもそも2月というのは28日(29日)までなのが落ち着かない。
なぜ他の月のように30日や31日までではないのか?
大の月を1回か2回減らして30日になるようにならせばよいのではないか?
ネットで調べてみると古代ローマ暦、アウグストゥスが云々…
まあ、わかったようなわからないような…

話は微妙に変わるが、いい大人でも大の月と小の月が分かっていない人に
出くわすことがあり、驚かされる。
別に、知らない事が悪いというわけではないが
仕事の場などで、じゃあ次回は4月31日に~
誰かが指摘して、自分で手帳を見て、やっと気がつく… そんな人がいた。
その人に限らず、わからない人は少なからずいる。

小学校の時に小の月の覚え方として
西向く士(さむらい)
に→2 し→4 む→6 く→9 士(分解すると漢字で十一)→11 と教わった。
こんなことを家族や友人に言うと、年寄りくさいと言われてしまうのであった。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: