日記(12/1)

もう12月。
あっという間に今年も終わる。

大掃除は着々と進んでいるが年賀状はまだ。
来年の手帳やカレンダー、暦は買った。
年末年始、昔はワクワクしたものだが今はそれほどでもない。

先週行って、駄目だった美容院。
世間の評判はどんなものかと思ってインターネットで検索してみたら
その美容院は口コミサイトでも、掲示板でも最悪の評価だった。
私と同じ文句(担当がふてくされている、広告とサービスが違う、技術面等)を言って(書いて)いた。
なんだ、やっぱり・・・
で、その話を今日、職場でしたら同僚に
「美容院に行く前に調べなきゃ意味ないじゃん」と言われた。
確かに。

****
今日お誕生日の皇族のニュース
優秀伝説は北朝鮮並み
痛々しい、気の毒。
****

ご褒美とか慰めとか

毎年、今ぐらいの時期になると
(今の時期に限ったことではないかもしれないが)
頑張った自分にご褒美 という名目で、お店の一角
あるいは雑誌の一隅に ややお値段高めの設定の
自分への贈り物特集が組まれているのを見かける。

自分への贈り物…
通常の買物は自分の物ではあっても必要に迫られて買うことが多く
ちょっとした贅沢品は、なかなか買わない。
暮れは財布の紐がゆるくなりがちな時期ではあり、
また「自分への贈り物」という言葉に乗せられ
つい、何か買いたくなってしまう。

それほど頑張ってはいないと自覚でき、尚且つ落ち込んでいるときは
「自分への慰め」として、やはり何か買いたくなってしまう。
冷静に考えれば、それはストレス解消のための買物でしかないのだが
自分への慰めという名目をつけると、買ってもいいような気分になってしまう。

ご褒美にしろ、慰めにしろ、私は自分に甘い。
財布とも相談だが、欲しいと思えば買ってしまうことも多々ある。
私の欲しいものはそんなに高くはなく、くだらないものが多いのだが。

昨日はレスポートサックのねこ柄バッグを買おうか買うまいか
散々悩み、結局買わなかった。
結果としては、買わなくて良かった。
今日、もう一度見に行ったら、それほど欲しいとは思わなかった。
それほど高くはないけれど、あまり使う機会もないかなとあっさりやめた。


自分の今年の頑張りを厳しく査定するとすれば
今年の自分へのご褒美は購入済みのねこの湯たんぽカバーで十分。
かなりの安上がり。
でもとても気にいったし安らげるし、これでいいの。 …と自分に言い聞かせている。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: