佐保姫

佐保姫(さおひめ)
春をつかさどる女神。佐保山は平城京の東に当たり、
方角を四季に配すれば東は春に当たる。春の季語。

佐保姫は芽吹きをつかさどる女神とも言える。
五行説では春は木性。
方角では木性は東
奈良の平城京に都が置かれたとき、東に佐保山があったことから、
佐保山の神が春を司る神となった。
秋を司る神は竜田山の神である、竜田姫。
竜田山は平城京の西にある。

春の佐保姫といえば花、竜田姫といえば紅葉でそれぞれの山を彩る。

おひなさま

明日はひなまつり
実家にお雛様はあるけど、自分の部屋にも欲しくて
手にのるほど小さな焼き物のお雛様を飾っている。

雛人形

この人形については以前、書いたことがあるが
私が出かけている時や寝ている間にどうやら動いているようだ。
夜寝る時と、朝起きた時では微妙に違う。
朝出掛ける時と、帰った時も微妙に違う。
初めは気のせい、あるいは地震でもきたのかな? と思っていた。
確かにちょっとした振動でも動いてしまいそうな大きさ重さであった。
でもそんなことが度々あり、やはり動いている(と思いたい)。
お内裏様とお雛様がぴったりと寄り添っている。
少し離しておいてもまた寄っている。
斜めに良い感じにくっついている。
正面を向かせていても、向かい合っていることもあった。

くっついちゃって! …と思い切り離しておく。
でもまたくっついている。
いつもくっついているわけでもない。
台の上から今にもお内裏様が突き落とされそうになっていることもあった。

関心を寄せすぎるとあまり動かない。
忘れた頃にまた動く。

特別にいわれがある人形ではない。
引越し前も引越し後も同様なので部屋になにかいるわけでもない。
そんなことがあると愛着がわいてくる。
こわくはない。



手袋

大分暖かくなってきたけど
まだまだ手袋が手放せない。

通勤の電車の中で、手袋をしているのは
ざっと見渡したところでは20人に1人位?
もう3月だから?
でも、真冬でも手袋をしない人も結構いる。
(私にはとても耐えられない)

電車を降りてから10分近く歩くのだが
そこですれ違う人、前を歩いている人は
10人中7人位は手袋をしている

電車に乗っているときは手袋を外す人が多いのか?
…たぶん、電車の中で携帯を操作したり、本や新聞を読むために外している?
…わたしは電車の中でそんなことをすると気持ち悪くなるのでしない。だから手袋を外す必要もない。

私は4月になっても薄手の手袋をすることもある。
手は年中冷たい。

まわりをねこにする

ねこになりたいと時々思うことはあるが
今日、いいこと?を思いついた。

いやな人対応のひとつとして
その人がねこだと思えばいいんだ と。
性格のよくないねこ(本物)もわりといる。
ねこならば多少性格が悪くても許せる。

だから
底意地も頭も悪いあの女も
賢いけど要領のよいあいつも
傲慢なあの人も
むかつくおっさんも
みんなねこ
ねこだと思えば気にならない。
積極的に関わろうとは思わないが
目の前を通行しても、多少私の傍をかすって通っても
あっねこだ~ へんなねこだね。
という感想だけで済む。
威嚇してきたら、威嚇し返す(心の中で)


変な現実逃避だとは思うが
これからはそれで行く。

(突然の陽気でおかしくなったわけではない)

でも…相手をねこだと思うのはいいけど
嫌いな人がねこ顔だったりするとなぜか腹が立つ
矛盾しているけど…


犬も猫も好きだけど、犬には賢さや忠実さを求めてしまう。おりこうさんな犬が好き。
猫はどれだけオバカでも、そっけなくても、いるだけでうれしくなる。存在そのものが好き
でも嫌いな人を脳内で猫にしたからといって、「いるだけでうれしくなる」ということはありえないが。

乗り物酔い

高速道路1000円で乗り放題・・・
そんなニュースも私には関係ない。

私は乗り物に酔いやすい。
乗り物だけでなく、テレビの中での車内からの映像や
下手な人が撮ったぶれた映像でも酔う。
目からの情報だけではなく
大太鼓とか、ひところちょっとしたブームになった?1/fゆらぎCDとかも×
乗り物酔いは気分の問題だと決め付ける人もいるがそんなことはない。
ちゃんと耳鼻科に行って三半規管に問題有りのお墨付き?をいただいている。

普通の乗用車はかなりだめ。
6、7割の確率で酔う。
大丈夫な時は1時間でも2時間でも乗っていられるが
駄目だと5分も持たない。信号3つくらいでオエ(実際には吐かないが)
止まって進んで止まって進んでの繰り返しが堪える。
運転手や車の種類、匂い(芳香剤きつすぎ)、音(うるさい音楽)にかなり左右される。
船も同じ位。飛行機は天候さえ悪くなければ意外と大丈夫。
新幹線はごくまれに酔う(隣で弁当を広げられたりするとだめ)
電車は進行方向に向かって座れれば、かなり長時間もちこたえられる。
バスは高速バスは結構大丈夫、路線バスはだめ。マイクロバスもだめ。

遊園地の乗り物、絶対だめ。

20歳をすぎたあたりから極端に乗り物に弱くなった。
母によれば赤ちゃんの頃は酷く酔いやすかったそうだが
(赤ちゃんは酔わないという意見もあるが私は酔っていたらしい)
物心ついた頃から学校時代の終わり近くまではあまり酔わなかった。
だから学校のバス旅行は平気だった。
でもブランコ、回る遊具は苦手だったけど。

大人になってから時々めまいがおきるようになり
乗り物も苦手になった。

正社員だった当時の強制的社員旅行は大変だった。
気分の問題とわめく人間もいた。
乗り物酔いは当人だけにしかわからない苦しみ。
気が紛れれば酔わないとかいう俗説を信じているのか
バスの中でひっきりなしに話しかける同僚
アンタのその香水の匂いとキンキン声を、まずなんとかしてくれ!
…と言いはしなかったが言ってやりたかった。
話しかけられるのは×←相槌を打つ過程で酔う。
あとは有難迷惑なのは「お菓子回し」…バスの中でみんなに食べてもらおうと
お菓子を回す人…あの何度も何度も後ろを向くという動作がどれほど大変か…
酔わない人には理解できないのだろう…
私を飛ばしてくれと懇願してもせっかくだから~と善意のおしつけ。

鍛えればある程度は治るらしいけど
そんなに遠くに出かけたいとは思わないし
もうブランコに乗る必要もないし
宇宙には行かないし
いまどき社員旅行を強制する会社はそんなにないし
乗り物酔い止め薬で十分。
でも、乗り物酔いが原因で
行動の幅や付き合いはあきらかに狭くなっているとは思う。

追加
雪が積もって真っ白な景色も気持ちが悪くなる。
地震で傾いた建物をじっと見ていると気持ちが悪くなる。
卓球やバレーボールの試合を真横から見ているのも気持ちが悪くなる。
凝ったパワーポイント資料を見ていると気持ちが悪くなる。
ちょろちょろ動き回る子供を見ていると気持ちが悪くなる。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: