第914回「寝言は言いますか?」

FC2 トラックバックテーマ:「寝言は言いますか?」



自分が寝言を言うかどうかは分からないが、夢の中で大声をあげる→自分の声で目が覚めた
ということが1、2度あったので、もしかしたら普段も言っているかもしれない。

姉は子供の頃はかなり長文の寝言を言っていた。
ひとこと、ふたことつぶやくのではなく、○○は△△で、そして××が○○○で
みんな、●●●で良かったです。 …こんな感じのことをよくしゃべっていた。
初めは姉の声だとは気付かず、部屋の人形がしゃべっているような気がして
(当時姉とはふすま続きの部屋だった。半分寝ぼけてもいた)
怪奇現象だと思って夜中に母を呼びに行った。
母は起き上がりもせず、声の主はお姉ちゃんだよ。よくあることだから。と一言。
姉の寝言で印象に残っているのは「たこあげ大会の話」
寝言によると姉はやっこだこをあげ、3位だったらしい。
かなりの長文だった。
翌日本人に「昨日、たこあげの夢みた?」と聞いても、何も覚えていなかった。
寝言に返事をしてはいけない、と言われているけど、
何度も私の名前を呼ぶので、つい返事をしてしまったこともある。


自分の寝言を聞いてみたいとも思う。

騒動

宮内庁の野村一成東宮大夫は5日の定例会見で、学習院初等科2年生の敬宮愛子さまが、
同学年の児童たちから「乱暴」を受けていることを理由に、今週学校を続けて欠席された
ことを明らかにした。乱暴の具体的な内容については言及を避けた。
説明によると、愛子さまは月曜日の1日、通学に際して「腹痛や強い不安感」を訴えられた
ため、学校側と協議して原因を調査。
その結果、ほかの保護者の話などにより、愛子さまを含めた複数の児童が、
同学年の別のクラスの男子児童たちから乱暴を受けていることが分かったという。
愛子さまは2日に短時間通学されたが、その後、5日まで不登校の状態が続いたという。
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100305/imp1003051541001-n1.htm

野村一成東宮大夫の会見一問一答
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100305/imp1003051730002-n1.htm

学習院側会見
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100306/imp1003060018000-n1.htm
直接の暴力行為、もしくはいじめというものがあったということは聞いていない。
男子児童は給食に遅れて走った。
他のクラスで学級崩壊はあった。
本人か妃殿下、どちらからかわからないが女官にお話になった


= = = = =
学級崩壊があったことは事実だとのこと。
愛子さん入学時、愛子さんに合わせて、入試のレベルを下げたと言われているけど、
その影響はないのだろうか。
愛子さんは幼稚園時代から欠席が多かった。いまさらの不登校報道。
身体が弱い(運動会の映像ではそのようには見えないが)のか、
それとも突然手が付けられなくなるのか。
海外誌ではパニック障害という見出しもあった。
自閉症だと仮定すれば、にぎやかなところや大声、
急に誰かが走って向かってくるのは苦手という症状は納得。
加配の人は何をしていたのだということになるが、男子児童が一方的に責められるようなことではない。
案の定、見出しだけ見て、愛子さんがおかわいそう報道
あるいはこんな報道をされて雅子さんがおかわいそう報道


学級崩壊とは分けて考えるべき。
そもそも、愛子さんに普通学級は無理だった。
今回の報道は野村東宮大夫(小和田恒氏の元部下)=徳仁さん夫妻の意思
(宮内庁や皇室の意思ではない、まして両陛下は関わりない)
東宮職は宮内庁の一組織ではあるが、=ではない。
これまでも宮内庁本体と東宮職員とのぎくしゃくした関係は報道されていた。
宮内庁や学習院を責めるのは間違っている。
通学できなくなったのは男子児童のせいではない。
東宮側が不登校の理由を学校側のせい(学級崩壊)にしただけ。
愛子さんの発達の問題なのに、完全にすりかえられている。
東宮側はすりかえることが目的で、それにまんまとマスコミは乗せられた。

人格否定発言の時と同じ。マスコミを介して被害者だということをアピール
何かを隠したいか、何か要求を通したいという思惑。
今回は本当はゴユウシュウなのに、
転校を余儀なくされたとか、自宅学習に切り替えたとかになるか
海外留学(海外好きの母親の強い希望)か、
学習院内に特別室(実質公立校の特別支援学級)を設置するか。
あるいは気に食わない生徒は追い出すという暴挙にでるか。
とにかく、理由はこじつけてでも愛子さんの実態は隠したいようだ。


見当違いの意見の数々
男子児童は在日(出自にあちら疑惑があるのは愛子さんの母親)
優秀だからねたまれた(優秀どころか遅滞)
帝王教育が始まるのだろう(まだ愛子即位をあきらめていない)
勝手に発表されて雅子さまおかわいそう(発表したのは雅子さんの意思とみるべき)
皇族を特別扱いするからこんなことになる、皇室はいらない(どさくさにまぎれて何を言う)


今までどれだけ東宮夫妻が学習院のやり方に介入し、決まりごとを変更させたり
迷惑をかけてきたりしたのか知られていないことが残念。

食料自給率

実家では野菜や豆を作っているし、味噌も自家製、小麦粉や米は近所の農家から買っている。
特に意識しなくても、国産のものを口にすることが多い。
でも、ひとりの生活では、なるべく国産のものを買うようにしてはいても
加工食品を食べる頻度も高く、すべて国産というわけではない。
安全の面でも、地球規模での食料不足を考える面でも、
食料自給率を上げるべきだという意見はよく理解できるし
なるべく国産のものを選ぶことはこれからもしていきたいと思っている。

でも

食料自給率を1%向上させるための試算というパンフレットにちょっと違和感
(農林水産省で作成)

国産小麦100%使用のうどんを月にもう三杯
国産大豆100%使用の豆腐を月にもう三丁
 
これはまあ、良いとして

ごはんを一食につきもう一口
国産大豆100%使用のみそのみそ汁を毎日もう一杯

これを実行すれば、国産の食品の消費が増え、計算上自給率はあがるのだが、
別に食べる量を増やせばいいというものではない。

米も味噌も一度買えば、しばらくそれを食べ続ける(毎回買う豆腐とは違う)
買う段階で国産にすればいいだけのこと。
一回に食べる量を増やして何になる。
小食の人間にとって、ごはんあと一口がどれだけしんどいか…
大分前に書いた、給食おかわり事件(うどんのおかわりを強要された)ことを思い出す。

各々が、国産の「割合」を多くすればいいだけの話であって
今のままで、国産の「量」を増やすということではないのでは?

一応、消費増加に見合う分、輸入に頼るほかの品目の消費が現象するものと仮定して試算と
とても小さい注意書きがあったので、ごはんを一口多く食べれば、
(例えば)食後の輸入デザート?を控えることができる→自給率上がる
ということなのだろうけど、誤解を招きやすい表現だ。

ちょっと本質とはずれていることはわかっているけど
パンフレットを見て「は?」と思ったので。

日記(3/9)

雪。この冬最後の雪になるだろうか…
雪の夜の青白さは好き。

背中の筋がおかしい。ストレッチをするとすぐに筋肉痛だし。
運動不足か年のせいか。

電気量のお知らせとともに、太陽光発電の余剰電力買取制度のお知らせというのが入っていた。
それによると、太陽光発電を住宅に導入して作られた電気のうち、
あまった電気をこれまでの2倍の価格で電力会社が買い取る。
その、買取費用は、電気を利用したみんなで負担するのだそうだ。
平成21、22年の分は一括して平成23年4月以降に徴収される。
標準的な家庭で1ヵ月あたり数十円から100円程度。

太陽光発電を普及させ国産エネルギーの拡大
地球温暖化対策に貢献
日本の環境技術を後押し
が目的とのこと。

太陽光発電を導入することはまず、ない。(共同住宅だから)
言葉は悪いけど「とられっぱなし」ということか。
金額は少ないけど、おもしろくはない。
でも、しょうがないね。文句をいうつもりはない。

ひとりごと

ヒーリングに興味のある人は多いと思うし、
近頃は施術する側を目指している人も多いように思う。
私の知人(友人ではない)の中にもいる。

受ける側から施術側になった人を2例知っているけど
地のその人を知っていると、ヒーリングというのは怪しいのでは?と思ってしまう。
もちろん、すべてのヒーリング施術者がおかしいというわけではないし
ヒーリングそのものについての効果や意義について批判するつもりもない。
(いいと思っている人にとってはいいのだろう)

2例はそれぞれ、ほんの一時期、仕事上で接点のあった人
2例同士は全く知り合いではない。
でもふたりは似ている。
自分勝手なところ、ずるいところ、傲慢なところ、人に気を遣う「ふり」が上手 など

偶然、サイトやらメルマガを目にする機会があったけど、
現実世界での自分の身勝手さは棚にあげて、偉そうに高みから書いている。
それを目にして、腹は立たないけど、笑ってしまう。

たしかに、楽なことばかりを目ざとく選んでいた●●さんだったから、
「生きやすさ」のすすめ云々に繋がらないこともないけど。
仕切りも好きだったから、人へのアドバイスも向いているのかもしれない …
…などという皮肉の言葉が頭に浮かんでくる。
自分の長い休憩を目立たなくするために、他人にも長い休憩を指図するような人
自分の都合でひっかきまわすような人
こういう人が「楽に生きましょう」って…周りに迷惑をかけてでも?


たった2例でヒーリング=変と決め付けてはいけないが
受けたいとは思わない。

切り抜き

生協のチラシより

一部転載

民俗研究家の結城登美雄さん「農業と食料問題の本質を見つめ続けて」
「一億2770万人の日本人の食は、わずか289万人の農民と20万人の漁民たちの
 報われにくい労苦によってかろうじて支えられている。
 ”世界がもし100人の村だったら”の表現を借りると、100人の日本村は
 97人が食べる人であり、わずか3人が作る人。しかもうち2人は60歳以上。
 10年後にはたった1人が村人全員を支えることになります。しかも現在の米づくりは
 時給に換算するとたった179円。これでは次の世代へ続けていこうという農家も少なくなるはずですよ」


実家は農家ではないが、家で食べる分の野菜は作っている。
そのせいか転載文のような危機感を持ったことがない。
でも確かに、実家の周りでも専業農家は皆無。
農業人口が減っているのも、携わる人が年配なのも目にしている。
こうやって具体的な数字で言われると、厳しい状況だと実感する。

でも、米作りについては、制約がある。自由に作ることはできない。
農業だけでは食べていけないということもよく聞く。
農業に携わる人を増やすことは簡単ではない。

とはいうものの、すぐにでも農業の永久就職口があるかもしれないのに躊躇する。
ある程度年齢がいってからでも、農家の嫁の口はたくさんあり、こんな私にでも話しはある。
でも…やっぱり ムリ! 農業自体もさることながら濃い近所付き合い、親戚付き合いは難しい。
私の性格や体力、根気のなさをよ~く知っている両親が片っ端から断ってくれている。
私には事後報告「アンタにはムリだから断っておいたよ」
…ムリだとはわかっているが、それはそれで面白くない。


自給自足生活には興味があるが、小さな植物すら上手く育てられない私ができるかどうか…
虫嫌いだし。

1ヶ月位前だったか、鳩山首相がどこか農業関連のところを視察して
「引退後は農業やりたい」と発言した記憶があるけど
あれを聞いたときはなんだかむかついた。
その場のパフォーマンスとしてそこで働く人に媚びるような発言に感じた。
農業はそんなに簡単なものではない。
私が偉そうに言うことではないが鳩山さんには無理!
ああいう発言は逆に地方の支持を失うと思う。
でも岡田さんは「民主党は都会の政党。田舎の人に支持してもらわなくてもよい」
と言い放ったことがある。
言われなくても初めから支持なんかしていないよ。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: