日記(1/6)

今日は半休で役所関連の用足し等
待ち時間が長い長い
念仏を唱えて過ごした。

窓口はこちらの受け取り方が悪かったのか向こうの説明不足なのか
多少食い違い発生
他にもいまひとつの事態が発生した。
今日はついていない日だったのかもしれない。

帰りに宝くじを現金に引き換えた。
年末ジャンボ、バラで5枚購入したら3000円が1枚、300円が1枚当たった。
一般的にはたいしたことがないかもしれないが
ほとんど当たらない私にしては結構うれしいこと。
引き換え窓口のおばちゃんに、今発売中の宝くじを勧められたが
今日はついていない日ということが分かった後なので買わなかった。

さらにスーパーで明日の七草がゆ(今年も手抜き)を買おうとレジに並んだら
前のおばあさんが138円の買い物に1万円札を一度出して
それは別にいいけど、店の人がおつりを出してから
あちこち探して小銭入れを出し、小銭入れの中から
探して探して、10円と1円玉で138円を出した。
なんと面倒なことをするのか・・
お年寄りだから仕方がないけど。
いらいらした。
やっぱり今日はあまりついていないのかも。

帰ってから高島暦を見てみたら
案の定、今日は注意日だった。

喪中の年賀状?

喪中の人へは年賀状を出さないものだと思っていた。
喪中の人はもちろん年賀状はださない。
そのために喪中はがきというものもある。
マナーの本などには喪中の相手には年賀状をださない、
知らずに出してしまった場合には・・等の対処の仕方が書かれている。


でも、喪中の相手へこちらからの年賀状は差し支えない、
という考え方があるらしい。
私の周囲でも何人かの人はそんなことを言っていた。
ちょっとネットでも調べてみると、やはり駄目という人も構わないという人もいる。
でも、「賀」とか「おめでとう」とか「お慶び」いう言葉を喪中の人に贈ることになってしまう。

ほんとうにそれでいいのだろうか。
人それぞれだし、マナーとして間違いではないのだろうけど
私個人としてはかなりの違和感。
マナーに反していないのだからいい、と割り切ることはできない。
受け取る側の気持ちも、人それぞれ。
気にしない人も、不快に感じる人も、もらって嬉しい人もいるだろう。
寒中見舞いにしておくのが無難ではないかと思う。

(※喪中の相手への年賀状の文言は「迎春」が良いとのこと)

===========

1/9追記
あちこち検索していたら
こんなのをみつけた
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0102/218786.htm (発言小町)
コメント欄でメールで非難めいたことを書き送ったトピ主を批判する意見もあるけど
相手にひとこと言いたい気持ち、わからなくはない。

蒸し大根

イカ大根とか豚バラ大根とか鰤大根を作るとき
今までは大根を普通に下茹でしていたが、
もっとおいしくできる方法を教えてもらった。
(テレビでやっていたらしいのを母から聞いた)

大根は皮つきのまま。
1.5cmほどの厚さに切る。
フライパンに切った大根と半カップほどの水と塩少々を入れ、蓋をして弱火で15分ほど煮る。
蓋を取って中火、残った水分を飛ばして出来上がり。

皮が全く気にならず、茹でるよりも旨みがでる。
そのまま、ゆず味噌でもおいしい。
イカ大根等も、さっと煮るだけで汁の味がよく沁み込む。

日記(1/9)

朝、のんびりと起きて
布団の中からテレビをつけて
天気予報の中継を見て、今日は雪が積もっていることを知る・・
休みはいいなあ~

教科書

教科書 陛下“呼び捨て” 小6社会3社、皇室軽視強まる
http://sankei.jp.msn.com/life/education/110111/edc1101110104000-n1.htm
2011.1.11 01:04

天皇陛下に敬称を付けず“呼び捨て”の記述が文部科学省の教科書検定をパスし、
今年4月から小学校6年生の教科書として供給・使用されることが10日わかった。
巻末の用語の索引に「天皇」を盛り込まなかった教科書もあった。
天皇、皇后両陛下はじめ「皇室軽視」の傾向はこれまでも教科書でみられたが、
学習指導要領では「天皇への理解と敬愛の念を深める」よう求めている。
専門家からは「指導要領の趣旨が教科書に十分浸透していない」との批判の声が上がる。
敬称がない表記があったのは、小6社会の教科書。文科省の検定を通過した4出版社のうち
教育出版と日本文教出版、光村図書の教科書が、陛下ご自身が写った写真を説明する際に
「文化勲章を授与する天皇」「インドの首相をむかえた天皇」と表記していた。
2つの教科書を出す日本文教出版は、別の教科書でも天皇、皇后両陛下の写真説明を
「福祉施設を訪問される天皇と皇后」と表記。「される」と敬語はあるが敬称はなかった。
「天皇」という地位自体の説明は、憲法や法律、指導要領でも敬称を付けずに
ただ「天皇」と記述し、新聞や出版物も同様。
しかし、陛下ご自身の行動や表情などを伝える際には必ず敬称をつけるのが一般的。
しかし、教科書は陛下に敬称がなく、一方で一般国民や外国人らの名前には
「被爆体験を持つ○○さん」「緒方貞子さん」(元国連難民高等弁務官)などと敬称があった。
東京書籍は“呼び捨て”はないが、教科書の重要語を並べた巻末索引に「天皇」はなし。
一方で「内閣総理大臣」「ユニバーサルデザイン」などはあった。
過去の小中高の教科書でも「仁徳天皇陵」の記載が括弧書きや
「大仙陵古墳」「大山古墳」「仁徳陵」として検定をパス。
「皇太子明仁」の記載が「明仁皇太子」となったり、
皇后陛下を「正田美智子」とした記載がパスしたことがあった。
皇室や教科書問題に詳しい高崎経済大学の八木秀次教授は
「憲法上の『天皇の地位』は、重い。国民の敬愛を受ける存在で、
教科書では敬称を付けるべきだ」と話すが、
文科省は「教科書記述の内容に誤りがあるわけではない」とする。

============
嘆かわしいことである。

>文部省は「教科書記述の内容に誤りがあるわけではない」とする。
間違いでなければそれでいいというわけではない。
教育界は左翼の巣窟。敬意を削いでいく作戦。
こうやって陛下に敬意を払わない人間が作られていくのだろう。

実際、両陛下のニュースをみても
「あの人たち、偉いの?」と無邪気に聞く中高生を見たことがある。

TVでも徳光和夫などは
「天皇夫婦」「平成天皇」などと平然と言っている。
「秋篠宮」と呼び捨てにもしていた。
「平成天皇」 ←これは平成が終わってからの呼び名。不敬すぎる。
無知な人がうっかり言ってしまうのとは違い、悪質。
そのくせ「大変ご優秀な愛子さまにおかれましては~」と異様な持ち上げ・・・あからさま過ぎる。
(まあ、ほんとうは~内親王殿下だが)

携帯機種変更

携帯電話の機種変更をした。
今までの機種が来年の7月には使えなくなるというお知らせが来て、
まだ1年以上の猶予はあるけど、なんだか落ち着かないのですぐに変えることにした。

あらかじめカタログで2、3種類候補を絞り
実際に店頭で見てみたが、ひとつは在庫切れ(待てば入る)
もうひとつはまだ新機種扱いで高い(割引額も低い)
残りのひとつは1円

高くても新しいものにしようか、それとも1円のでもいいかと
30分程迷い、結局1円のものにした。
出直すのはいやなので在庫切れは候補からあっさり捨てた。
もともと候補に挙げていたものの中の一つなので渋々ではない。
メーカーも前機種と同じ。
機種変更手数料は、強制機種変のため無料。

ACアダプターは前のものが使えるので買わず、
台だけ購入。
無くても充電はできるけど、あったほうがいいので。
でも、以前は携帯とセットになっていたんだけど・・

さて新しい携帯だが
慣れないせいかもしれないけど使いづらい。
上下左右ボタンが決定ボタンと同じで押しながら動かす。
これが曲者で意図しない所にカーソルが行ってしまう・・
これはカタログで検討していた時には気がつかなかったこと。
店頭で悩んでいたときに触っているのだが、あまり考えていなかった。

そして取扱説明書がものすごく薄い、大雑把。
詳しい取扱説明書はサイト上にあるとのこと。
取扱説明書も前は必ずついていたのに。
取扱説明書好きの私はちょっと残念。
サイト上の取扱説明書を見てみたけど、冊子で手元にあったほうが使いやすい。
必要ないという人が多いから、そして経費節減のために
詳しい取扱説明書をくれなくなったのかもしれないけど
必要な人には冊子をくれるようなサービスがあってもいい。

前の機種でダウンロードしたデータは結局著作権機能つきのMicroSDでも移動できず
どうしても残したかったねこの鳴き声は改めてダウンロードするはめになった。
めったに携帯でインターネットはしないので、パケット割には入っていない。
残っていた無料通話分をそれで使い果たしてしまった。

使わない機能は増え、欲しい機能、以前の機種で便利に使っていた機能がなくなっている・・
からくり時計がない。
アラームはあるけどからくり時計とは別物。

とりあえず、自分の使いやすいように、少しでも愛着がわくようにカスタマイズはした。
それほど不満はないが、新しい携帯が嬉しくて仕方がないというほどでもない。

でも気に入っていたのに、長く使おうと思って電池パックもストックしていたのに
周波数帯?だかの都合で使えなくなるなどというふざけた事態はまっぴら。
こんなことは今回限りにしてほしい。

なんだあれは

今年の大河、酷すぎではないだろうか?
年々酷くなっているような気がするが、今までは1、2回ではまだ見捨てなかった。
(役者や題材が嫌いで初めから見ないということは過去あったけど)

悪名高い天地人を上回る酷さ
篤姫と同じ脚本家、音楽だが、何とも安っぽい
そしてワースト信長
今年の信長は吉川より館より反町より緒形息子より酷い
あの人、あんなに下手だっけ?

篤姫は馬鹿にも分かる大河
龍馬伝は馬鹿が喜ぶ大河
天地人は馬鹿にしかわからない大河
と言われているが(というか私が言っているだけだが)
今年はそれより下の下
今のところ、天地人と篤姫の悪いところだけを抽出したような感じ
このあと龍馬のようにしたり顔で主演女優が反戦を訴えるのだろう。
龍馬伝は猫が出ていたし、主役以外はまだ良かったからなんとかなった。
篤姫は脚本はアレだが原作の良さに救われた。
天地人はかなり酷いがネタとしては面白い面もあった。
今年の大河は江が秀忠と結婚してからの大筋は春日局とさほどかわりない(はず)
江(江与)は家光の母、春日局は家光の乳母 
これは見なくてもいい。
秀忠の愛妾が会津藩の祖となる子を産むあたりはどのように描かれるのか興味があるが
(春日局では江与の知らないところでこっそりとよそへ預けていたが、
 今年は江様の温情と取り計らいによって預けることになるのだろう・・たぶん)
とてもそこまでは見続けることは無理。
今年は迷わずビフォーアフターへ。


ところで今月2日にBSで「大河50」というのをやっていた。
昔の懐かしい映像もあった。
昔の方が重厚で良い。
でも投票結果にがっかり
あれが1位? 途中経過では随分下の方だったのに。
きっとあれは組織票(主役がそ●か)の気がする

日記(1/19)

寒くて縮こまっているせいか、肩がこっている。

昨日は歯医者へ行ったが
先生が咳をしていて、いやだなあと思ったら
今日はさっそく風邪気味。
治療中はこちらはマスクを外しているし、口はあけっぱなしだし
先生はマスクはしているが、モロに咳を浴びることになってしまった。
軽く済めばいいのだが。

今年もぽんかんの季節がやってきた。
さっそく買った。
ぽんかん、年々安くなっているような気がする。
今年も美味しい。


トラックバックテーマの人(FC2のスタッフ?)
いつものお馬鹿さんとは別の人だが
>あたしはなぜか薬局屋が大好きで、…
…薬局屋? この人もアレだな

第1121回「旅行の荷物、多い?少ない?」

FC2 トラックバックテーマ:「旅行の荷物、多い?少ない?」

以前は多かった。
あれも必要かもしれない、これもあったほうがよい、予備にもうひとつ、万一に備えて・・・
と、どんどん増えていき、いつも人より大きな荷物になっていた。
いつからか、本当に必要なものだけを持つようになり
部屋着とパジャマを兼用するようになったり、
(浴衣では眠れないのでパジャマを省略することはできない)
ホテルに備え付けのシャンプーでも ま、いいかと気にしなくなったり
(トリートメントだけ持っていく)
着まわしを工夫したりしてして荷物は小さくなった。
旅慣れたとか合理的になったというよりは
オバサン化した、手抜きになったと言ったほうがいい。
肩こりなので荷物は軽いほうがいい。
入れ方もかなり工夫して、キタロウ袋(エチケット袋のこと)や
傘や小銭はさっと取り出せるようにし
乗り物の中では(私は)絶対禁忌のごそごそ探し物をする、などというようなことがないようにしている。

ただ、大きめの肩掛けバッグひとつで両手を開けておくと
ずうずうしい某友人などは
「両手開いているのなら、お菓子の袋を持って」
(いっしょに食べようなんて言ってるけど、私は食べないよ、ブウちゃん)
きちんと計算して自分が使う分の小銭も取り出しやすいようにしてあるのに
乗り物の中で
「お金くずして~」
などと、キタロウ袋が活躍しそうなことを言う。
もう某女と旅行することはないからいいけど、むかつく記憶である。


元同僚女性は宿泊出張に大きな登山リュックで来て
みんなで唖然としたことも思い出した。
別に駄目というわけではないが、かっちりしたスーツに登山リュックの組み合わせが面白すぎた。

また来た

NTTのフレッツ光の営業がまた来た

もう10回目くらい?

インターホンのカメラ越しで見た限りでは、今日のは強面だった。

しつこすぎる。
フレッツ光はそういう営業形態のようだ。
フレッツ光の営業 しつこい で検索するといっぱい出てくる。
NTTと代理店(←いっぱいある)を通しての営業と両方来るので断っても断っても次々とやってくる。
NTTから直に来る時は二人組で来る。NTTはわりとあっさり帰る。
代理店の時はなかなか用件を言わず、この建物は光回線になりましたので挨拶に来ました などと言う。
以前、関連の仕事をしたこともあり、多少の知識はあるので実際の速度は云々と言い返すこともできるが
そうすると居座って「ああ言えばこう言う」状態になるので、
「必要ない、お断りします」ときっぱり言って相手にしない。
でも1週間に二度も来るとさすがにうんざり。
居留守を使っても出直して来るしつこさ。

「フレッツ光お断り」の張り紙が必要かもしれない。
NTTは代理店の態度がイメージを損ねていることを知っているのだろうか。
それとも「押し売り」はNTTの方針なのだろうか。
苦情受けは派遣、押し売りは代理店だから他人事の感覚なのかな?

油麩

肉じゃがに油麩を入れるとおいしい。
油麩は地域限定の食材であり、その存在すら知らない人も多いかもしれない。
油で揚げた麩のこと。
宮城県や岩手県南で食べられている。
普通の麩は淡白だが、油麩はコクがあってちゃんとしたおかずになる。
お味噌汁の具にしたり、お盆(お精進)の煮付けに入れたりする。

お肉代わりに食べる場合も多いので(そもそもは精進料理)
肉じゃがに入れるのはちょっと違うのかもしれないけど、麩が煮汁を吸ってとてもおいしい。
よい酒の肴になる。

肉じゃがに入れる場合は
じゃがいもが柔らかくなり、味をつけてから
ぬるま湯で戻した油麩を絞って入れる。
(料理によってはそのまま入れる場合もあるが煮付けには戻してから入れる)

第1125回「あなたは方向音痴ですか?」

FC2 トラックバックテーマ:「あなたは方向音痴ですか?」



重度の方向音痴
交差点の地下通路の出口など、何度間違えたかわからない。
「こっちだ!」と確信を持ったときほど間違えている。
一人旅の旅先でもよく間違える。
石垣島では10キロほど歩く羽目になったこともある。
大きなビルだと建物の中で迷う。

づ? ず?

ローカルニュースでTPPに反対する人たちのデモ行進を見た。
その中のひとりが「おだずなよ」(ふざけるなの意)と書いた札を持って歩いていたが
私はずっと「おだづなよ」《づ》 だと思っていた。
子どもの頃には「減反、おだづなよ!」という看板を近所でみたこともあったし、
私の周囲では《づ》派が多い。
どちらが正しいのだろう。
語源がわからないので、どちらが正しいのかわからない。

もうひとつ
「ずんだ」か「づんだ」か
ずんだについては私は《ず》派
ずんだは枝豆をつぶした食べ物
豆は「ず」と読める。 例…だいず(大豆)、あずき(小豆)
豆を打ったもの→豆打→ずんだ
だから「ずんだ」が正しいと思うのだが
「づんだ」が正しいという意見もある。
づん→突くがなまったもの だ→打というのだ。
「づんだ餅」という名称で売っている店もある。

おだづなよもずんだもローカルな言葉
まあ、別にどっちでもいいんだけど。


通販生活

通販生活で一度だけ買い物をしたらカタログが送られてくるようになった。
カタログは有料のようであるが、商品を買えば何度かはタダで送られてくるようだ。
通販生活のカタログは活字が多く、読み応えはある。
でもお金を払って定期購読しようとは思わない。
偏向している。カタログに思想なんていらないんだけど。
一応、双方の意見を載せているが、巧妙な誘導がある。
護憲であり、左巻きでもある。
今号の某対談では、小沢バッシングが悪いなどと言っている者がいる。
(話の本筋はマスコミのあり方)

通販生活はよい商品もあるし、全否定するわけではないが賛同はできない。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: