オランダ

皇太子とその妻がオランダを訪問中だが
持ち上げ報道がすさまじい。

不明瞭な今回の出席経緯、行事選り好み参加でも
表向き心の病、実質「○チガイ」はよくできましたとほめてもらえるのか。
ちょっとアレな子が少し頑張るだけでほめてもらえるのと同じ理屈なの?

以前、オランダは反日の国だった。(今もそうかもしれない)
オランダ王室の方や、オランダ国民が表向き歓迎してくれているのは
オランダ王室と両陛下や秋篠宮両殿下との交流で積み重ねてきたものがあるからこそ。
それだけではないにしても、皇太子一家が2006年に静養させてもらえたり、
今回「特別に」直電で誘われたりしたことは、皇太子の妻のキャリアや能力とは何の関係もない。
今回の訪問実現は皇太子の妻の父の尽力(暗躍?)があったとも言われているがどうなんだろう。


世論を以前の「優秀な」「海外で活躍する」「すばらしい」それなのに「籠の鳥」で「おかわいそう」に
戻す予定でテレビも過剰賛美を続けているのだろう。
そして、実際そう思ってしまう人もいるのだろう。
でももう騙されない人も確実にいる。
過剰に持ち上げれば持ち上げるほど胡散臭く感じる人もいる。

ちゃっかりと「これからも海外公務に専念して」とか「無理をせずにできる公務から」
などという論調にもうんざり。
あんなのを海外に出したら恥ずかしい。
あの人がやっているのはやりたい公務だけ。


出発のタラップ上で立ち位置を間違え
到着時には皇太子をつついて振り向かせ、ハイテンションで手を振る。
これは成婚パレードの時にも同じことをやらかしている。
(成婚パレードでは皇太子の肩を叩いて自分の親戚に手を振らせ、
 東宮御所に到着して降りて並ぶときに位置を間違えている)
ドレスの裾を踏んでよろけるのも皇室入り直後にもやっている。
20年いても、なんの進歩もない。
成婚時は仕方がないと言われても今はあってはならない。
失敗を責めるというより、「優秀なキャリアウーマン」という看板と実態が違いすぎることにあきれる。
努力もせずに、不都合なことはすべて誰かのせいや環境のせいにするというやり口は嫌われてもしょうがない。
指導やアドバイスは聞かない人だというし、人のせいにはできない。
服が変(コード的に)とか、体型がどうとか見た目はもうしょうがないけれど
所作はなんとかならないものか。
あれが「日本の皇太子妃」と世界に配信されることは、おぞましい。

皇族だから批判するなというのもおかしい。
皇室の品位を貶めているのは皇太子の妻。
皇太子ももう品位が消え失せて妻と同じレベルになっている。
病気の人を叩くなというが、それならばその病気の説明をきちんとすべき。
どういう理屈で、国内の園遊会や宮中三殿の参拝ができなくて
海外の即位式とレセプションには出られるのか、
国内ではカメラが負担だから取材するなと言いながら、
どうして海外では自らカメラの前に突進してくるのか。

これからもやりたい放題して、皇室をぶっ壊すつもりなんだろうか。
あのふたりが即位したら日本が終わる。
離婚や皇太子の退位が難しいのであれば
今上陛下には現皇太子の死よりも後まで、長く生きていてもらうしかない。

第1653回「あなたが好きな景色」

FC2 トラックバックテーマ:「あなたが好きな景色」

田んぼに水を引いて、田植えが始まるまでの数日のほんの短い間の景色。
実家の二階の窓から見ると、広大な平野に水が入り、
(あぜ道や農道や家はあるけど)海のようだと子供の頃は思っていた。
月の夜は月が水面に映ったり、風が吹けばさざ波が立ったりしていた。
かえるの合唱もなんだか落ち着く。
以前はゴールデンウイークには実家周辺でその景色を見ることができたが
最近は5月半ば以降に田植えをすることが推奨されていて、
ゴールデンウイークに水の入っている田はそれほど多くはない。
それに窓から見える田んぼも前よりは少なくなった。

中韓タッグで「安倍政権潰し」を画策情報 国内の“反日勢力”も呼応

【スクープ最前線】中韓タッグで「安倍政権潰し」を画策情報 国内の“反日勢力”も呼応
2013.05.09

中国と韓国が在米ロビイストなどを駆使して、
安倍晋三政権の転覆工作に着手したという衝撃情報が飛び込んできた。
歴史問題などを理由にしているが、実際は、アベノミクスで自国経済が打撃を受けて、
追い込まれたことが背景にあるようだ。
「日本たたき」「安倍政権潰し」の卑劣な動きに、
何と、日本国内の反日勢力も協力しているという。
日本が致命的に弱い情報戦と広報戦(=世論工作)。
ジャーナリストの加賀孝英氏が、知られざる実態に迫った。

「あの気難しいロシアのプーチン大統領に
『実は日本が大好きだ。日本に行きたい』といわせ、
トルコでは原発輸出を大きく前進させた。
外遊の狙いは『資源外交』と『対中包囲網の形成』だったが、大成功だ」
安倍首相のロシア・中東歴訪を受け、官邸関係者はこう語った。
GW明けから、永田町は参院選モードに突入した。景気指標や世論調査の好調を背景に、
政府与党の一部には「楽観ムード」も漂っているが、
実は今、米国内で大変なことが起こっている。
以下、米政府や韓国政府の関係者から、私(=加賀)が得た情報だ。

「訪米中の韓国の朴槿恵大統領と、オバマ米大統領は7日(日本時間8日未明)、
初めての首脳会談を行った。朝鮮半島危機を念頭に米韓協力体制の進展が話し合われたが、
韓国側が水面下で迫っているのは、従来の米韓日体制から、米中韓体制への見直し。
つまり、『中国重視』と『日本外し』だ」
「韓国系ロビイストを大量動員して米政府に工作している。
彼らは『日本は軍国主義に戻った』『安倍首相が元凶だ』と吹聴し、
安倍首相が4月27日のイベントで迷彩服で戦車に搭乗した写真や、
同28日の主権回復・国際社会復帰を記念する式典で
『天皇陛下、万歳』と声を上げている映像を見せている」
「こうした動きに、中国系ロビイストが連動している。
中韓両国とも『領土問題と歴史問題、アベノミクスによる自国経済打撃』で
安倍政権を敵視している。民主党政権とは違って恫喝にも屈しない安倍政権に業を煮やし、
『潰してしまえ』と悪魔の握手をしたとしか思えない」
中国と韓国のロビイストらが、歴史的正確性に疑問が多い
「南京事件」や「慰安婦問題」などを持ち出して、
日本弱体化を進めてきたことは知る人ぞ知る話だが、
ついに「安倍政権転覆工作」にまで着手したようだ。
さらに旧知の米国防総省関係者はこう語る。

「中国は最近、あらゆるチャンネルを通じて、
『一瞬でもいい。尖閣諸島に(中国人民解放軍を)上陸させてほしい。
どんな交換条件でものむ』と米政府に懇願してきている。
ケリー国務長官は親中派として有名だが、
他にも中国の提案に心を動かされる米政府関係者はいる」

何ということか。中国系ロビイストは、日本固有の領土である
沖縄県・尖閣諸島への侵攻に向けた地ならしまでしているとの証言だ。
これらを、日本の情報当局や外務省は把握しているのか。
実は、中韓両国による情報戦や広報戦に、日本国内の反日勢力も加担しているという。
日本の外事警察関係者が明かす。
「中韓両国の政府筋が、安倍首相の周辺情報に異常に詳しい。
野党を含む、国内の反安倍議員やメディア関係者などが情報をリークしている」
彼らが政権転覆を狙って他国に情報を漏洩しているとすれば、
国家的な裏切り者(=売国奴)とも言うべき存在だ。

小野寺五典防衛相は4月29日に訪米し、ヘーゲル国防長官と会談した。
この席で、小野寺、ヘーゲル両氏は「(尖閣問題に関しては)
現状変更を試みるいかなる力による一方的な行為にも反対する」との認識で一致した。
 中国を牽制する言質を勝ち取った-と受け止められているが、
現実はそれほど単純ではない。
前述したように、日本は情報戦や広報戦で、中韓両国に突き放されている。
これが嘘偽らざる現状なのだ。

 ■加賀孝英(かが・こうえい)ジャーナリスト。1957年生まれ。
週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。
週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍。一昨年11月、
月刊「文藝春秋」で「尾崎豊の遺書・全文公開」を発表し、大きな話題となった。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130509/plt1305090708001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130509/plt1305090708001-n2.htm

色鉛筆

ぬり絵は飽きたと昨日書いた。
以前にも書いたが、曼荼羅ぬり絵をたまに塗っている。
大人用のぬり絵も何種類もあり、
風景画や草花など、いろいろ有ったが
曼荼羅は使う色に縛られず、自由に塗れるので選んだ。
風景画は色の濃淡をつけたり、塗り跡の工夫が必要だけど
べっとりと均一に塗るのが好きな私には図形の組み合わせの曼荼羅のほうがいい。
色鉛筆は36色のものを使っている。
でも、使う色はわりと決まっていて、使わない色はほとんど使わない。
例…黄土色とかねずみ色とか
ぬり絵を始めて4か月位になるが、色鉛筆の減り具合にも偏りがでてきている。
そうすると、今度はあまり使わない色を使ってみようか…という気持ちになり
ついには「使いたくはないけど使わなくては…」と思ってしまう。
曼荼羅ぬり絵の解説には選ぶ色も心の状態を表す云々と書いてあり
「使わなくては」という気持ちで色を選ぶと、違う…
などとごちゃごちゃと考えてしまい、ぬり絵を楽しむという本来の目的とは離れてしまっている。
使わない色もいくつかあるけど、でももっと別の色が欲しくなり、さらに買い足そうかなと思う日もある。
曼荼羅模様を楽しむということはほとんどない。
細かい模様だと、元気な時は楽しいが、そうでない時はめんどくさい。
無理に塗る必要もないのだから、もっと気楽に楽しめばいいのだけれど。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: