安倍内閣、集団的自衛権の行使容認閣議決定

安倍内閣、集団的自衛権の行使容認閣議決定 戦後の安全保障政策大転換
2014.7.1 17:25
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140701/plc14070117250020-n1.htm

 政府は1日夕の臨時閣議で、従来の憲法解釈を変更して限定的に集団的自衛権の行使を容認することを決定した。
これに先立ち、安倍晋三首相(自民党総裁)は公明党の山口那津男代表と与党党首会談を開き、限定容認を確認した。
集団的自衛権の行使を否定してきた戦後日本の安全保障政策が大きく転換されることになった。

 閣議決定は、他国に対する武力攻撃が発生した場合に自衛権発動を認める要件として、
わが国や「わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃」が発生し、
国の存立や国民の権利が「根底から覆される明白な危険」がある場合、
必要最小限度の武力を行使することは「自衛のための措置として憲法上許容される」とした。
日本を取り巻く安全保障環境が変容し、他国に対する武力攻撃でもわが国の存立を脅かし得るとも指摘した。
 そのほかにも、国連平和維持活動(PKO)に参加する自衛隊が離れた場所の他国部隊や国連職員を助ける
「駆け付け警護」を可能とするため武器使用基準を緩和する方向性を示した。
 首相は党首会談で「自民党と公明党は長年の風雪に耐え、意見の異なる課題でも国家、国民のため
大きな結果を残してきた。与党とともに法整備していきたい」と述べた。
政府は、自衛隊法や武力攻撃事態法などの改正を秋の臨時国会以降に進める方針で、
引き続き日本への攻撃に対する抑止力強化の必要性を訴え、国民に理解を求める。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140701/plc14070117250020-n1.htm

集団的自衛権 閣議決定最終案の要旨
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140628/plc14062809220011-n1.htm


良かったと思う。私は支持する。
日本の領土が、他国の脅威にさらされている今、必要な転換だと思う。


仙台でもどこかの団体が旗を持って抗議の演説をしていた。
この先、新聞でもニュースでも反対の声が大きくとりあげられていくのだろう。
安倍首相が靖国参拝したときの河北新報ときたら、それはもう酷い偏り方だった。

引越 その14

引越してプロパンガスから都市ガスになった。
基本料金が月2000円から670円に、従量単価は640円から193円に。

かなり安い。
というか、プロパンガスが高すぎる。

でも安くなったからと、調子にのって結構使っているので
計算上では1/3の料金で済むはずのガス料金だが、
実際にはそこまでは安く済んでいない。

引越を機に新しく買ったガステーブルがおりこうさんで
ご飯が火加減を調整することもなく、ほぼ放置したまま炊ける。
だから、ご飯も電気の炊飯器ではなくガスで炊いているし
湯船も大きくなって腕を置く場所もあって、
以前はシャワーで済ませていた今の時期でも
お湯をはってのんびりと浸かっている。
その結果、以前の半分から6割くらいの料金。
それでも、けちけちせずに思い切り使って料金半額なのだから上等。



日記(7/20)

三連休。のんびり過ごしている。
昨日も今日も雨。肌寒い。

ヨークベニマルでシールを集めると
ヘンケルスの包丁が特別価格で購入できるというキャンペーンをやっている。
普段こういうのには乗らないけど
シール台紙に個人情報を書く欄はないし、
(別に包丁で何かしでかそうと思っているわけではないけどむやみに個人情報は書きたくない)
使いやすそうな包丁だったのでシールを集めていた。
1000円で1枚もらえるシールだけど倍貰える日というのが結構あり
わりと容易に貯まった。昨日25枚貯まり、
即、小三徳包丁(日本製)を1750円(税込)で購入。
本来は5940円のものらしい。
同じ25枚で三徳包丁(2050円)やシェフナイフやパンナイフも買えるのだが、
三徳包丁は持っているし、洋包丁はいらない。

早速使ってみたが、軽くて小回りが利いて、しかも気持ちの良い切れ味。
気に入った。
15枚+1250円のキッチンバサミも欲しくなったけど
シール配布は8/4までなのでちょっと無理だと思う。
キッチンバサミは今使っているのでも十分なので諦める。

両陛下ご来県

NHK
東北 NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20140722/3041531.html

両陛下がハンセン病施設訪問
07月22日 18時29分
天皇皇后両陛下は、東日本大震災の復興状況などを視察するため、22日から3日間の予定で宮城県を訪問され、
初日の22日は、登米市にあるハンセン病の元患者の療養所を訪れ、入所者と懇談されました。
宮城県を2年ぶりに訪れた天皇皇后両陛下は、22日、登米市にあるハンセン病の元患者の療養所、
「東北新生園」を訪問されました。
両陛下はまず、療養所で亡くなった430人余りの遺骨が納めてある霊安堂で、
献花台に花を手向け、亡くなった人たちの霊を慰められました。
続いて、園内にある集会室で入居者と懇談され、「大変でしたね」とか「どうぞお元気でね」と一人ひとりに、
いたわりの言葉をかけられていました。
両陛下は、昭和43年以降、半世紀近くにわたり、全国各地の療養所に足を運んで入所者を励ましてきましたが、
今回の訪問で、全国に14あるすべての療養所の入所者との懇談を果たされました。
入所者の自治会の久保瑛二会長
(81歳)は「お参りしていただく姿を後ろから見ていて、ありがたく思いました。
霊が慰められたと感じます」と話していました。
両陛下は、このあと、震災後まもなく被災者を見舞った南三陸町を再び訪れ、
町の職員など43人が犠牲になったとされる防災対策庁舎を車の中から窓を開けてご覧になりました。
両陛下は、東日本大震災の復興状況などを視察するため、22日から3日間の予定で県内に滞在する予定で、2
3日は、南三陸町で、津波で被災した飲食店などの仮設店舗が集まる商店街を視察される予定です。



くりこま高原駅13:01の新幹線だということは聞いていた。
でも平日だし、来月帰省するから今帰るのもなんだし、行くことはできなかった。
地元の友人は行ったそうだ。300人くらいはお迎えのために駅に集まったらしい。
あんな田舎の駅にこれだけ集まったのだからすごい。
(私も行きたかった)

今日は登米、志津川(南三陸町)、明日は南三陸町と気仙沼
明後日岩手県の一ノ関駅からお帰りになる(那須へ向かう)そうだ。

くりこま高原駅に降り立った皇族は
2008年7月の秋篠宮両殿下(6月の内陸地震のお見舞い)
2001年に紀宮様(国体・その前か後か忘れたけどお忍びで伊豆沼に来たこともある。)
浩宮も独身の頃、細倉鉱山に来たことがあるはずだけど1992年?(平成4年?)
 ↑年は定かではないけど来たのは確か。沿道住民であるわが家も事前に旗を配られた。
 父は浩宮の姿勢が良いことを誉めていた。
 後年、「昔はご立派だったのになー」とも言っていた。
くりこま高原駅は平成2年にできたので、おそらく浩宮もこの駅を使ったかも。
故寛仁親王殿下は登米の東北新生園にはよくいらっしゃっていたようだ。
かなり以前は信子妃殿下も。2011年には瑶子女王殿下も。
浩宮の妻は来る機会がない。来なくていい。来るな。


両陛下はついこの前は沖縄を訪問していた。
ハードスケジュールすぎると思う。
どうか御体を大切にして長生きしていただきい。
浩宮よりも後まで生きていてほしい。

続きを読む

日記(7/25)

今週は暑さのせいか、三連休の後のせいか
あるいは年齢によるものか
いろいろぼけていた。
昨日は用意したお弁当を持って行くのを忘れ、
今日は冷たいお茶を出かける寸前まで冷やしておこうと冷蔵庫に入れたまま忘れた。
仕事も凡ミス続出
だめだ。こんなことでは。


お茶。
最近久しぶりに麦茶を飲んでいる。
もうしばらく夏でも冬でも
緑茶か焙じ茶が多かった。
水でつくるタイプの麦茶はなんか苦手で(実家では常備している)買ったことはなかった。
スーパーで、国産の、他のより多少高めの麦茶を見つけ
飲んでみたら結構おいしい。
煮出し・水出し両用だが、一度やかんでお湯をわかし
熱湯で作った後、冷やしている。
麦の香りが香ばしく、味もやわらかくておいしい。
子供の頃、麦茶は炒ったつぶつぶの麦で煮出して作っていた。
それに近い味がする。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: