七色の帯神々しく 全国各地で「環水平アーク」観測

2015.5.22 20:51更新
七色の帯神々しく 全国各地で「環水平アーク」観測
全国各地で22日、「環水平アーク」と呼ばれる虹のような光の帯が出現した。
和歌山県高野町の高野山真言宗総本山・金剛峯寺や、
国生み神話で知られる兵庫県淡路市の伊弉諾(いざなぎ)神宮付近の上空でも確認された。
環水平アークは、上層部の雲にある氷の粒に太陽光が屈折、反射することで起きる現象。
太陽が高い位置にあるときにしか見ることができないという。
弘法大師・空海による開創1200年を記念する大法会から一夜明けた金剛峯寺周辺では
午前11時ごろ、東の空に10分近く見られた。
奈良県葛城市の西出尚子さん(65)は
「お大師さんが、大法会が終わったことをお祝いしているようです」と話した。
http://www.sankei.com/west/news/150522/wst1505220080-n1.html

淡路島・伊弉諾神宮の大鳥居の上に現われた「環水平アーク」=
22日午後1時ごろ、兵庫県淡路市多賀(同神宮提供)
150522.jpg

第1969回「苦手な人との付き合い方 」

FC2 トラックバックテーマ:「苦手な人との付き合い方 」

難しい。
単なる知人ならば接点をできるだけ少なくするようにするけど
職場や親戚はあからさまに避けることはできない。
幸い、嫌いな親戚は家族中で一致しているので、
冠婚葬祭でひとしきり関わった後、悪口大会で憂さを晴らせる。
職場は今は共同作業がないので、お昼シフトが重ならない限りは
ほとんど関わらず、あいさつ程度でやり過ごすことはできるけど
現在、視界に入るだけで、そしてその人がつけている匂いだけで不快になる人が1名いる。
苦手だと感じるエネルギーすらもったいないと感じるが
心が占められていることもままある。
低めの血圧を上昇させる役には立っているかもしれない。
テーマである「苦手な人とに付き合い方」とは異なるが
結局のところ、自分の心の持ち方に大きく左右されると思う。
苦手だからといってゴキブリのように叩き潰すことはできないし、排除することもできない。
貶めてやりたいという自分の中の悪と戦っている。
「その人の良いところを見つける」的な思考は私は好きではない。
必要最低限の挨拶だけで、後は気にしない、心に入れない と心掛けているけどなかなかうまくいかない。

ヤマボウシとハナミズキ

近くの道路に面したマンションの庭に植えられている木。
少し前から白い花が咲いている。
ハナミズキかと思っていたが、どうやらヤマボウシらしい。
似ていて、遠目では見分けがつかない。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: