掃除

ほこりがたくさんたまっている場所は
濡れた雑巾で拭くと、ほこりが固まって黒くなるので
湿雑巾を使う。

湿雑巾
タオルを縦に三つ折りにして下1/3を濡らして軽く絞る。
濡れた部分が真ん中になるように上下に3つに折る。
3つに折ったタオルを絞る。

畳の縁

畳の縁や敷居は境界線

畳は、一枚分の広さが個人の最低限の領域と捉えられていたため、
畳は境界線と考えられていた。
敷居は家や他の空間と外の境目、畳の縁は畳一畳をまとめる大切なものとして、
踏んではいけないと言われている。
古くは武士の時代から伝わるしきたり。
床下に潜んだ忍者に、畳の縁から刀で暗殺されることが、
武士の落命の恥とされたためと言われている。
また武家や商家では、畳の縁に家紋を入れて家の格式を重んじていたため、
踏むことで先祖の顔を踏むのと同じとされ、
畳の縁を踏まないことがたしなみとされてきた。
さらに縁が傷みやすいので、踏まないことで劣化を防いでいたとも考えられる。

運が悪い人は「仕返し」が好き

出典元 読むだけで運がよくなる77の方法
著者名 リチャード カールソン

●運が悪い人は「仕返し」が好き
人間は「仕返し」をしたいと考える生きものである。
大きいことから小さなことまで、
自分にイヤなことをした相手に、「仕返し」したいと思うし、
実際に仕返しする人もいる。(略)
なぜ仕返しを考えるのか?
それはスッキリしたいからだ。
この「仕返し」ほど運を悪くさせることはない。
仕返ししたい気持ち、つまり復讐心は、
悪魔が仕掛けた大きく深い落とし穴といってもいい。(略)

才能を磨けば、一流の歌手になれそうなほどだったが、
そのころ、彼女は両親との仲がひどく悪かった。
その両親は、彼女が聖歌隊に入ることを望んだ。
彼女自身も入りたかったのだが、彼女は親への反応が強かったので、
「思い知らせてやる」つもりで、とうとう入らなかった。
おかげで彼女は、才能に磨きをかけるチャンスを逃した。
腹の立つ相手に「思い知らせて」やると、確かに一時的には気分がいいかもしれない。
だが、結局損をするのは仕返しした方だ。

柔軟剤いらず

洗ったタオルを柔らかく仕上げる方法

干す時に振る
パンパンと引っ張るように広げるのではなく、
タオルの一辺の両端をつまんで
上下に揺するように10~20回ほど振る
繊維の間に空気が入り、ループ1本1本が立ち上がり
早くふんわりと乾く
厚手のタオルほど効果がわかる

日記(2/22)

猫の日だが、特に何もなし。
最近、自分の持ち物だけでなく、あちこち猫グッズだらけで
なんだか飽きてきた かも。
猫は好きだけど、猫グッズ集めはどうでもよくなってきた。


くるみがんづき(蒸しパンタイプではなく、ういろうタイプのもの)は
冷凍保存できるということを最近知った。
以前、引っ越す前は近所の和菓子屋でバラ売りしていたので
食べたい都度、買っていた。
日持ちしないので、一度にたくさん買うことはできなかった。
引っ越ししてからは、ダイエーで一時、個売り(別のお菓子屋さんのもの)していて
たまに買うこともあったが、夕方だと売り切れていることも多く、なかなか買えなかった。
そしてダイエーからイオンになってからは置かなくなった。
駅の地下まで行けば、引っ越す前の近所の店ものが買えたが、バラ売りはしていない。
で、冷凍できると聞き、そして実際に冷凍後、自然解凍したものを試しに食べてみて確認し
大丈夫だとわかったので、白黒3個ずつの6個入りのを買って冷凍。
冷凍するときは一つずつ、しっかりとラップにくるむ。
食べるときは自然解凍で。

日記(2/27)

さくら野が急に閉店してびっくりした。
職場でもその話題でもちきりだったが、
惜しむというより
「たまったお買い物ポイントはどうしてくれるのか!」とか
「次はどんなお店ができるのだろう」とか
そんなのばかりだった。

そんなに利用はしていなかったが、やはり少し寂しい気もする。
丸光からビブレ、そしてさくら野に変わっても、どこか昭和の香りが漂う雰囲気でそれが良かったのに。

私の母などは、未だに「丸光」と言っていて、私もついそれに合わせて丸光と言っていたので
今日も「まるみつ、まるみつ」と連呼して
若い子にポカンとされてしまった。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: