正体は気象観測用気球? 消えた「謎の飛行物体」が残した課題

正体は気象観測用気球? 消えた「謎の飛行物体」が残した課題
2020.7.2 06:00
https://www.sankei.com/premium/news/200702/prm2007020007-n1.html

あれは気球か、気象観測機器か、それとも…。
仙台市上空で6月、正体不明の白い球体が確認され、大きな話題を呼んだ。
半日ほどで見えなくなったが、誰が何の目的で飛ばし、どこへ消えたのか。
「謎の飛行物体」の正体を追うと、思わぬ安全保障上の「盲点」も浮かび上がってきた。
(荒船清太)

ゆっくり移動
6月17日早朝。仙台市上空の晴れ渡った空に見慣れない白い点が見えるのを、
国土交通省仙台空港事務所の職員が発見した。
白い球体のような形をしており、間もなく一般の目撃者からも同様の通報が相次いだ。
この辺りの上空には、航空法で必要な気球などの飛行の届け出はなかった。
同事務所の担当者は「周辺の航空機に対し、
『飛行物体があるので気を付けるように』とアナウンスはした」と振り返る。
同事務所などによると、物体は上部が白い球体で、
下部には十字型の機器のようなものが付いていた。
宮城県警によると、仙台市内で目撃される前、同市の南西にある同県亘理町で目撃情報があり、
正午ごろには同市北東の同県石巻市で目撃されたという。
物体は太平洋方面に移動。空が曇り始めたのに従い、行方しれずになった。

研究者が飛ばした?
謎の飛行物体の正体をめぐり、インターネット上などでは
「UFO?」「気球ではないか」など憶測が広がった。
三重大大学院の立花義裕教授(気象学)は、見た目などから、
気象観測用の気球「ラジオゾンデ」ではないかとみる。
ラジオゾンデは、球体部分にヘリウムを詰めて
下部に観測装置やデータを発信する無線装置を乗せて飛ばし、上空の気象情報を収集する機器だ。
一定高度に達すると気圧で膨張し破裂、パラシュートなどで地上に落ちるが、
穴が開くとヘリウムが漏れて破裂する高度まで昇れず、浮遊し続けることがまれにあるという。
ラジオゾンデは気象庁のほか、研究者が主に扱うが、
立花教授は「今回、国内の研究者で飛ばした人は思い浮かばず、海外の研究者ではないか。
ラジオゾンデは1000キロ以上飛ばせるので、
北東アジアのどこかの国から偏西風に乗ってきた可能性がある」と推測する。
謎の飛行物体をめぐっては、警察当局や防衛省も情報収集に追われた。
河野太郎防衛相も6月19日の閣議後記者会見で
「レーダー、その他で警戒監視を続けております」と明かしたが、
結局、脅威とは判断しなかったとみられる。
国土交通省運航安全課も航空法上の「航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為」に
該当する可能性があるとして警戒したが、
現時点で「安全への影響は生じていない」ため、特に追加の対応はしていない。
空港の警備に詳しい警察関係者によると、気球のような物体は鳥や、たこなどと同様、
防衛省などのレーダーに映らず、目視に頼らざるを得ないのが現状だ。
これまでにもハンググライダーやたこなどについて警察が通報を受けて動いた例はあるが、
大半は落下寸前など実際の被害が予想される場合。
今回は県警がヘリコプターで視認しており、
「実害がなく、むやみに動く必要はないという判断ではないか。
ドローンなど本来の警察の脅威想定対象の監視もおろそかにしてはならない」と話した。
米国でも、今年4月に米軍が公開した海軍撮影の未確認飛行物体の映像の正体は謎のまま。
上空監視の難しさを物語る。

自衛隊出動は可能か
ただ、気球だったとしても、悪意を持って悪用される可能性はないのか。
静岡県立大の小川和久特任教授(安全保障)は「大型の気球などであれば、
高度が下がったときに化学兵器を散布したり、
劣化ウランなどのダーティーボム(汚い爆弾)を落とすこともできなくはない」としながらも、
「他にさらに有効な手段があり、現実的ではない」と分析する。
 一方で、今回のような正体不明の物体について
「仮に自衛隊がヘリでロープを飛行物体に引っ掛けて洋上まで誘導し着水、
破壊するなどの措置を取ろうとした際に、災害派遣の範囲などで自衛隊が出動できるか。
法整備が必要かどうかの検討が必要だ」とも指摘した。
正体不明の飛行物体をどう監視し、仮に脅威になり得る場合、どう対処すべきか。
謎の飛行物体は、重い宿題を日本に残していったのかもしれない。







日記(7/5)

梅雨寒の日と夏の暑さの日とくるくる変わり
着るものや掛ける布団も毎日のように調整している。
今日は午前中は肌寒いほどだったが、午後は暑かった。
こんなふうに一日の中でもかなり気温差がある。

この前最近は頭痛薬を飲む回数が減ったと書いたが
先週は何度か頭痛があった。
今日も朝起きた時から頭が痛かった。

朝ドラも大河も休止中。
朝ドラは再放送をしている。
見ないと思った朝ドラだが、東北(福島県)の人ということで
一応、録画して観ていた。
たいして面白いというほどでもないが
前作よりは面白いかもしれない。
(前作も途中までは面白かったのだが)
面白いというかなじみやすい話ではある。
でも一瞬だけ出てきた仙台人の方言は間違っていた。
再放送は見ていない。
もう一度見たいと思うほど好きでもない。
本当はオリンピックがある前提での朝ドラだったと思うのだが
オリンピックどころか、
高校野球(誰でも聞いたことがある栄冠は君に輝くの曲を作った人の話である)も中止だし
山田耕筰モデルの人は放送中にお亡くなりになってしまったし
ドラマ自体も休止だし、散々なことになってしまった。
大河は面白くなってきたところだったので休止は残念。
代わりに過去の戦国大河を振り返る番組をやっているが(今日は都知事選の為、違うが)
これもまあ、面白い。
特に国盗り物語は今作とかなり重なる話だし
全くの初見なので興味深く見た。
近藤正臣の光秀も良かった。
先週の利家とまつは、やはり格落ちというか、軽くなったというか
もうあのあたりから大河は変質していったというのが分かった。
来週の秀吉もあまり好きではない。
秀吉が汚すぎて本放送はろくに見ていないが光秀はわりと良い描かれ方をしていた記憶はある。
利家とまつと話は似ているが
功名が辻の光秀もそこそこ良いので取り上げてほしい…かな。

全く話は変わるが
今年石巻で行われる予定だったコロナの影響で海づくり大会は中止となった。
それは残念なことではあるが
今の天皇とその妻が来ないことになったことだけは良かった。
関係者の中でも喜んでいる人が(一部には)いる。

日記(7/11)

今週はいつもにもまして長く感じた。
毎日、まだ火曜、まだ水曜、まだ木曜、やっと金曜というふうに
休みを心待ちにしていた。
それほどしんどかったわけではないが疲れていた。

昨日の帰り美容院にいってカットとカラー(白髪染め)
前回と同じところ。
特に気に入っているというわけではないが
毛先を整えるだけだし、その店のカラーはしみないので回り道だけどそこにした。
一時期、カラーだけでなく、ちょっとしたトリートメントだけでも痒くなって
頭皮がピリピリしたこともあったが、今は大分よくなった。
でも昨日きちんと落としたのにも関わらず
保護クリームを塗った顔回り、首回りが、痒い。
なんでこんなに敏感肌になってしまったのだろう。

宮城県でもまた連日新型コロナが出ている。
なかなか落ち着かない。
職場でも毎日机等を消毒、お昼もおしゃべりしないように指導され、
掃除に使ったペーパーも、鼻をかんだティッシュも
ビニール袋に入れてから捨てるきまりになっている。
面倒くさいが仕方がない。
昨日、美容院でも検温、アルコール消毒があった。
5月~6月中旬まで、県内では新規の患者は出ず、緊張感も薄れ気味だったので
窮屈には感じるけど、まだまだ油断はできないので気を引き締めようと思う。

日記(7/12)

少し前に米粉をもらったので
最近の休日には米粉を使ったお菓子を作っている。
パンケーキや蒸しパンなど。
マシュマロ米粉というもので、なんらかの加工をしているようだ(詳しくは知らない)
軽い食感の仕上がりにはなるけど、なんとなく物足りないような感じ。
こしがないというか、旨味がないというか。
いろいろ工夫はしてみたけど、ものすごくおいしいというほどでもない。
私が上手ではないからかもしれないが、米粉自体がそんなものなのかも。
米粉をくれた人も「おいしくはないよ」って言っていた。
せっかくの米粉なので、米粉の特徴を生かしたレシピを探して工夫はしていきたいが
私はグルテンフリーはめざしていないので
やはり小麦粉を使ったお菓子のほうが良い。

日記(7/16)

宮城県で本日14人コロナ感染確認。
そのうち11人は同じ大学の男子学生だという。
おそろしい。
お盆には実家に帰省したいので、これ以上広がらないでほしい。
感染多発地からの帰省は嫌がられるし、
無症状のまま、持ち込んでしまう可能性もある。

昨日、近所の路上に糸ようじが大量に落ちていた。
同じ糸ようじが、今日、職場のビルのエレベーター前にもひとつだけ落ちていた。
薄いグリーンのもの。
職場のはひとつだけだし、使用前か使用後かはわからないが
誰かが落としたのだろうけど
路上のものはばらまいた、という感じだった。
職場等の洗面所に置き忘れ?(捨て忘れ?)ているのは見たことがあるけど
エレベーターの前に落ちていたのは不思議。
道路に大量に落ちていたのはもっと不思議。
二日続けて別の場所で見かけたのも偶々だろうけど不思議。

日記(7/24)

四連休の二日が終わってしまった。
あとは普通の土日が残っているだけだ。

この二日間は換気扇の掃除をしたり、
普段できないような少し大がかりな片付けをしたり
塗り絵をしたり、本を読んだり、録画を見たり
昼酌をしたりして過ごした。
いらない服を切ってウエス作りもした。
部屋の中に籠って過ごすのは得意なので
特にストレスもなく過ごしている。

この連休の後、お盆休みまでわずか二週間だが
この二週間が長い。
今週は三日だけでも長かったし、やたらと疲れた。
特に仕事が嫌というわけでもないのに
やっぱり休みが待ち遠しい。

安楽死殺人で捕まった名取の医者、
犯罪は犯罪だけど、一概に悪いと決めつけることもできない。
「延命しない」よりはもっと積極的に命を絶つ方法だったことが問題だったのだが
罪の種類としては微妙だと思う。
患者本人は望んだのだろうし
かといってそれを認めたら、悪用する人もいるかもしれない。
もし自分が患者だったら、死なせてほしいと思う。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: