お盆の帰省

国は

お盆の帰省 一律の自粛求めずも感染対策の徹底呼びかけへ 政府
2020年8月6日 2時00分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200806/k10012553171000.html
(NHKより)
>経済再生担当大臣は、一律に帰省の自粛は求めない考えを重ねて示したうえで
>「帰省すれば、高齢者と接して、飲食や飲酒の機会が多くなることも考えられる」と述べ、
>大人数での会食を避けるなどの対策を徹底し、
>高齢者などへの感染につながらないよう注意を呼びかけました。

県は

https://www.pref.miyagi.jp/site/chiji-kaiken/
(知事定例会見より)
>県内の移動は注意さえすれば全く問題はないと思いますが、
>患者がたくさん出ている地域から宮城県内に戻ってくることになったときにはどうすれば良いのか。
>特に高齢者の方がご自宅にいるような場合は、それは慎重に対応する必要があるだろうと思いますが、
>それに対してどのような自粛要請をするのかしないのか、
>それについてはまずは国の考え方などを聞いた上で検討したいと思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

県内の移動は問題ないとはいうものの
実家には高齢者もいる。
仙台市はこのところ毎日感染者がでているので不安はある。
近所の目もある(これが一番恐ろしい)。
なじょするべな。

第2117回「あなたの一番古い記憶はなんですか?」

FC2 トラックバックテーマ:「あなたの一番古い記憶はなんですか?」

ここで書いたことがある気がするけど
3歳の頃にお祭りで買ってもらった風船をすぐに飛ばしてしまったこと。
前後の記憶はないのだが、母によると、泣きはしなかったらしい。
そして「また買う?」と聞かれても私はきっぱりと断ったらしい。
その後も二度と風船を買ってとは言わなかったらしい。
その頑ななところは全く覚えていないのだが、
手を離した瞬間の「あっ しまった!」という場面と
飛んでいく風船を見上げた悲しい気持ちだけは今も記憶している。

日記(8/16)

休みが終わる。
憂鬱。

9日間という長い休みだったが、帰省は2日。
こっそりとひっそりと帰った。
盆棚の準備やお墓参りなどのみ。
県内移動だから問題ないとはいうものの、高齢者の親族がいるし、近所の目も怖い。
かなり気を付けて過ごした。
近所に関東から客が来ていて(車だが)、
うちにも道を聞くために立ち寄ったりして、私はあれほど慎重に過ごしていたのに拍子抜けした。
新幹線は当然例年の時期よりずっと空いていたが
ガラガラというほどでもなく、7割くらいの乗車率だった。
家族連れもいた。
県外移動の人も多そうだった。
私も帰省したのでとがめるつもりはないが
思ったよりは行きも帰りも人がそこそこいた。

ところで昨日の戦没者追悼式での
徳仁天皇の挨拶、「反省」は上皇陛下を踏襲したものだろうけど
追悼式にコロナを混ぜ込むのはどうなんだろう。
賛否はあると思うが、私は追悼は追悼、
コロナはコロナで別の機会に発言したほうが良いと思った。
(もっと言えば馬鹿だなーと思ってしまった)
「反省」については上皇陛下は自らの戦争体験や
見聞を通してのお考えがあってのことと推察できるが
あの者が言及すると、ただなぞっているだけで何も考えていないように感じる。
上皇陛下はどちらかといえばリベラルだとは思うが、変な勢力に操られることへの不安はなかった。
あの者は不安しかない。
つい先日も国連の客に、自分の娘の作文のコピーを渡していた。
市民活動家が書いたようなあの作文を。

日記(8/18)

毎日暑い。
休み明けとマスクの暑さでぼんやりしている。

仕事が始まったとたん、朝起きることがつらい。
休みの時は帰省先でもこっちでも朝5時に起きていた。
なぜか苦も無く起きることができていた。
帰省の前後の休日は、カーテンを洗ったり、エアコンの掃除をしたり
普段の土日休みではだるくてそこまではできないようなことをしていた。
すぐに乾くので、今の時期はカーテンの洗濯には最適だ。
こっちでは窓が三か所しかないので、カーテンの洗濯といってもたいしたことはない。

そんなにくるくると動けた休日なのに
仕事となると、6時に起きるのがやっと。
5時台に目は覚めているが起き上がる気力がない。

日記(8/21)

帰りにイオンに寄った。
買ったものをマイバッグに詰めて、地下2Fから1Fへ昇ったところで
日傘を台に立てかけてそのまま忘れたことに気が付き、すぐに戻った。
荷物を移し替えた台を見たが、傘がない。
カゴを集めていた店員さんに聞いてみたが、一通り台とレジ(届いていないか)を見てくれた。
でも無かった。
とりあえず、1Fのサービスカウンターで聞いてみてくださいと言われたので
(まだ数分なのでサービスカウンターには届いていない)と思ったが
忙しそうでそれ以上手を煩わせるのも申し訳ないので
言われた通り、サービスカウンターに行ってみた。
案の定無かったが、諦めてサービスカウンターから帰りかけたところに
さっきの店員さんが走ってきて傘を届けてくれた。
見つけた方が少し持って歩いてから地下の別の窓口(カード勧誘ぽいところ)に届けてくれたらしい。
たいした日傘ではないが、日傘は1本しか持っていないのでないと明日から困る。
届けてくれた方も走って追いかけてきてくれた店員さんもありがとう。

だいぶ日が短くなった。
朝は日傘が必要だけど、帰りはもうそろそろ日傘は必要ない。
置き忘れには気を付けたい。

つい先日、同僚が職場のビルの1Fの共用スペースに傘を置き忘れ
ビルの奥まったところにある管理事務所に届いていないか付き合ってついていった。
かなり大きなビルで何十社もの会社が入っているし、
コンビニや飲食店もあり、そのビルの会社以外の人も出入りしている、
そんなビルの1Fのホールに置き忘れた傘、
無いかもしれないと内心思っていたが、届いていた。
やはり届けてくれる人はいるんだなあと思った。
もし私ならば、届けるのが面倒に思い、そのままにして置く。
店などのように、レジかサービスカウンターなど
届けるところがわかる場合でもそのままにすることが多い。
電車などで目の前で忘れたり、落としたりしたときは
本人に追いかけて手渡ししたり、声をかけたりするが
そこにあった、というときはそのまま。
でも、同僚も私も親切な人のおかげで助かった。
私も今度そんな機会があったら届けようと思う。

かなり前だが
両親と出かけたときに、荷物が多くて駅のロッカーに入れ、
長い傘も入れようと思ったが入らなくて
無くなってもまあしょうがないとロッカーの脇に傘を置いて観光地を回り
夕方駅に戻ってきたら、無くなることも忘れ物センターに届けられることもなく
傘がそのまま残っていたことも思い出した。(この時はそれでよかった)





日記(8/22)

今日は暑さがいくらかやわらいだ。
夜になってからは風が涼しい。

前髪がじゃまになり、全体的に重たくなってきたので美容院に行った。
暑い日はまだ髪を結ぶので、「結べる長さは残して全体的に軽く」という注文をしたら
ぎりぎり結べるか結べないかのものすごく中途半端な仕上がりになってしまった。
ぎりぎりなどとは言わなかったのだが。
結べないことはないが、足りない長さの部分が落ちてくる。
結んだ部分も筆ぐらいの大きさで、ちゃんとした所には結んでいけないような感じ。
ちょっと失敗かも。

第2118回「FC2ブログを始めてどれくらい経ちますか?」

FC2 トラックバックテーマ:「FC2ブログを始めてどれくらい経ちますか?」

13年位になる
更新頻度は低いけれど、割と長く続けていると思う。
他人が読んで面白いとか役に立つというようなことは全く目指していないので気楽に続けている。

広告も設置していないのでアクセス数がどうとかいうことも気にならないが
以前に、元皇太子妃の擁護者から粘着されたことがあるのでアクセス解析は設置している。
(その時だけIPとタイムスタンプを発信者照会に使用した)

日記(8/28)

今日もかなり暑かった。
昨夜も寝苦しかった。
でもなんとか夏バテせずに済んでいる。
冷房による体調不良も今のところない。

安倍総理辞任は残念。
でも体調が思わしくないということなので仕方がない。
安倍総理の元で憲法改正をしてほしかった。
野党やマスコミの安倍叩きは凄まじいものがあり、
そんな中で譲位やコロナもあり、憲法改正どころではなかった。

今日も、無責任に辞めるより、これまでにもっと適切に休みを入れて続けるべきではなかったのか、
みたいな意見を言っている人がいたがもし休んでいたら猛攻撃していたであろう。(たぶん同じ人が)
何をしても叩く気満々なのだから。
それは皇嗣ご一家に対しても同じである。
いっせいに叩く指令を出す背後が同じなのかもしれない。

宮城県選挙区石垣のりこ

立民 石垣参院議員「大事な時に体を壊す癖」などと投稿 謝罪
2020年8月29日 0時58分

安倍総理大臣の辞任表明をめぐって、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員が、
ツイッターに「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」などと投稿したことに批判が相次ぎ、
その後、石垣氏は、配慮が足りなかったとして謝罪しました。
安倍総理大臣の辞任表明をめぐって、宮城選挙区選出で、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員は、
みずからのツイッターに、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物を
総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の選任責任は厳しく問われるべきです」と投稿しました。
その後、SNS上には「病気と闘っている人への侮辱だ」などという批判の書き込みが相次ぎました。
これを受けて、枝野代表が、自身のツイッターで、
「申し訳ありません。執行部として不適切であるという認識を伝え、しかるべき対応を求めました」と陳謝し、
福山幹事長が石垣氏を呼んで注意したということです。
その後、石垣氏は、同じツイッターで「疾病やそのリスクを抱え、
仕事をする人々に対する配慮が足りなかったと反省し、おわびします」と謝罪しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200829/k10012589761000.html


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
注意されたから仕方なく謝罪したという感じ?
>大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物
これだけ酷いことを言ったのにもかかわらず
ぼんやりと広い範囲に向けて謝っただけで安倍さん本人への謝罪はない。

立憲民主は安倍さんを引きずり降ろそうと必死だったのに
辞めるとなったらこんなふうに無責任だと貶める。

この者を議員にした宮城県民の責任もあると言える。
私は当然の如く愛知さんに投票したのでこの者を選んではいないが。

石垣さんは発言してしまったことは取り消せないのでもうこのまま暴走して、
都合よく公務を選り好みする現皇后に対して同じことを言ってから消えてほしい。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: