日記(5/8)

ゴールデンウイークも終わった。
帰省したが、新幹線はコロナ前の8割、9割方混雑していた。
のんびり過ごし、特にどこかに出かけたりはしなかった。
暑い日もあったが、昨日、今日は寒いくらいの気温だ。

イギリスの戴冠式はテレビやインターネット等で見たが
列席した皇嗣同妃両殿下はやはり素晴らしいと感じた。
装い、佇まいが美しく、日本の代表として誇らしい。
海外のメディアは概ね好評だ。
国内だと、何が何でも貶めなければならない団体がいるらしくて
ケチをつけている人や媒体もあるようだが
皇嗣両殿下に行っていただいて正解だった。

散歩

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

日記(5/12)

よく晴れ、気温も丁度よく、気持ちの良い日だった。
太白区にある地底の森ミュージアムに行ってきた。
企画展の「長町に操車場があったころ」を見てきた。
昔、駅で売られていたお茶の瓶などが展示されていた。
地底の森ミュージアムの存在は知っていたが、行くのは初めて。
常設展示の遺跡などもじっくり見てきた。
地下に2万年前の遺跡、屋外に氷河期の森を復元している。
縄文から弥生時代、そして飛鳥時代、奈良時代、それぞれの時代の地層から発掘されたもの
当時の植生など、シンプルだったが分かりやすい展示だった。
企画展はさらにこじんまりとしていた。
茶瓶の変遷、弁当の掛け紙、長町操車場の変遷など。
展示物は決して多いというわけではないが、面白かった。
平日なのですいているかと思ったが、三校くらい、社会科見学の小中学生がいて賑やかだった。
すれ違うときなど、気持ちの良い挨拶をしてくれた。

titei


日記(5/17)

暑くなるという予報だったけど、思ったほど暑くはなかった。

仙台市文学館にまた行ってきた。
今回は「いわさきちひろの世界 ピエゾグラフ展」を観るため。

ピエゾグラフとは
パンフレットによると
>ちひろ美術館では、2004年より、その時点での作品の風合いを後世に伝えていくため、
>原画をデジタル情報として記録し、保存していくアーカイブを続けています。
>同時に、そのデジタル情報をもとにして、「ピエゾグラフ」の制作も進めてきました。
>ピエゾグラフとは、耐光性のある微小インクドットによる精巧な画像表現で、
>ちひろの繊細な水彩表現まで高度に再現しています。
>光に強いピエゾグラフは、ちひろの作品の公開の可能性を大きく広げました。

とのこと。
よくはわからないが、ぼんやりとは理解した。

見たことのある絵も多かったが、初めてみる絵やデッサン、原稿の下書き、
家族へ宛てた手紙なども展示されていた。
子供の頃に読んだいくつかの絵本もあった。
ちひろがローランサンが好きで、若干、影響を受けているということも初めて知った。
思想的なことや政党は別として、ちひろの絵はずっと大好きだった。
やさしい色合いと子供の動きや表情、ぼかしたようなタッチが好きだ。

20年くらい前に山形美術館にちひろ展を同僚三人と観に行ったことがある。
さほど親しくはないけど、券をもらって誘われた。
たぶん、その年私はちひろのカレンダーを買っていて、そこからそんな話になった記憶がある。
お昼に食べた板そばと、
運転した同僚の車がおじいさんにぶつけられて、そこで時間を食ったこと
そんなことばかり覚えていて、肝心の展示は全く覚えていない。
その時に一緒に行った同僚のうちのひとりは、
皇室廃止活動に精をだすようになり(ちひろの所属していた政党ではないが)
もうひとりはなんだかよくわからない事業を始め(ア●ウェイの頃は聞き流していたけどそれより進行した)
その後それぞれが別の職場になり、ふたりとも音信不通になった(わたしがそうした)
そんなことを思い出したりもした。

今回は地下鉄とバスで、順調だった。
もう蛇もでる時期なので山道は使わなかった。

日記(5/20)

曇っているが、比較的薄い雲で明るい。
気温も丁度よい。
今週は30度越えした日もあったようだが、その日、ちっとも暑さを感じなかった。
一日中家の中にいたが、半袖にならなくてもいいほどだった。
今日は予報では涼しいということだったが、湿度が高く、肌寒さはない。

少し前から、家にいるときは作務衣を着ている。
これがなかなか着心地が良い。
中に着るもので温度調節も簡単にできる。
何より、作業着なので動きやすい。
紺色なのでそれなりにちゃんとして見える。
今持っているのは紺と黒の二着、綿のもの。
淡い色だと寝巻や検査着に見えなくもないデザインだが、黒や紺は大丈夫。
作務衣のままで外に出たことはゴミ出しと郵便の確認くらいしかない。
近所の散歩やコンビニくらいであれば大丈夫そうだけど、その勇気はまだない。
お蕎麦屋さんや居酒屋もこういう恰好をしている店員を見たことがあった気もする。
お寺の方は、もっとしっかりとした着物地の作務衣を着ていた。
探してみると、いろんな色や麻混のものなど、たくさん種類があるようだ。
形はすごく気に入っているので、これからいろいろ集めて着てみたい。


この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

めかぶ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

思考

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

日記(5/31)

天気が良く、気温も丁度よい心地よい一日だった。
緑もずいぶん濃くなった。
日も長くてうれしい。
5月も今日で終わり。

5月は帰省、単発の仕事、
ここにも書いたけど、地底の森ミュージアムで「長町に操車場があったころ展」、
仙台市文学館で「いわさきちひろの世界 ピエゾグラフ展」、
書いていないけど、多賀城の東北歴史博物館で「東北のみほとけ展」、
「全国都市緑化仙台フェア」(追廻地区)などいろいろ出かけた。
あまり混雑していない平日に出かけられるのは楽でいい。


昨日、洗濯物にカメムシがついていてひと騒動だった。




カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
書き主

おおやしまねこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: