中国の圧力に屈した日本

検察、苦渋の選択 邦人拘束で起訴断念へ 中国船長釈放
産経新聞 9月25日(土)7時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100925-00000090-san-pol

毅然とした態度を貫き、他人の敷地内に入ってきたあたり屋船長はきちんと罰して欲しかった。
中国の圧力に屈してしまった。
今後の日中関係を考えれば譲歩したほうがいいという人もいるが
これではこの先もなめられるだけ。
案の定、中国は謝罪と賠償を要求している。

これは失策。
さまざまなところに影響してくるから実現は不可能だということは分かるが
国交断絶してもいいと思うほど、あの国への嫌悪感は強い。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ