今回の地震について 切り抜き

今回の地震関連分析記事 メモ

地震前日にこんな記事(河北新報)
---------------------
三陸沖M7.3 宮城県沖地震との関連 「連動型」の危険性低下か
2011年03月10日
三陸沖を震源に宮城県北部で震度5弱の揺れを観測した9日の地震について、
東北大地震・噴火予知研究観測センターの松沢暢教授(地震学)は、
予想される宮城県沖地震との直接の関連はないとの見解を示した。
一方で、震源を含むアスペリティ(固着域)が、想定震源域と連動するエリアに重なることから、
宮城県沖地震で複数の断層面が同時に滑る「連動型」の危険性が下がったとも指摘した。
宮城県沖地震の発生メカニズムは、陸側プレートの下に海側プレートが潜り込む「プレート境界型」に区分される。
摩擦力の大きいアスペリティにかかった力が限界を超えると一気にプレートが滑り、地震が起きる。
今回の地震も、東北の東方約200キロメートル沖をほぼ南北に走る日本海溝の陸側で起きたプレート境界型とみられる。
松沢教授によると、震源地は宮城県沖地震の想定震源域よりも沖合にある
1981年の地震=マグニチュード(M)7.0=のエリア。
「81年の地震と同じアスペリティが30年周期で壊れた可能性が高い。
2月中旬からM5クラスの群発地震が起きており、数日後に本震が起きたのも81年と同じ傾向」と言う。
 この海域は、宮城県沖地震で複数の断層面が同時に滑る「連動型」になった場合、
想定震源域と連動するエリアに含まれるとして、
「今回の発生によって、複数のアスペリティが一気に壊れ、
宮城県沖地震がより強い地震になる危険性は低くなった」と分析している。
http://www.jwn.ne.jp/kn/article/2011/0334_004575.html


---------------------
想定の90倍規模「日本海溝のほぼ全域が同時に壊れた」
2011.3.11 22:41
今回の地震は、太平洋プレート(岩板)が、東北地方を乗せた北米プレートの下に潜り込むことによって起こる
「海溝型地震」だ。
政府の地震調査委員会では、宮城県沖、三陸沖南部、福島県沖で起こる海溝型地震については、
マグニチュード(M)7・5規模を想定していた。しかし、今回の地震の規模はM8・8と想定を大きく上回った。
東京大学地震研究所の古村孝志教授は「M8・8は、想定されていたM7・5のエネルギーの約90倍に当たる。
1707年の宝永地震(M8・6)の2倍で、国内では最大級だ」と指摘。「プレート境界面が南北200~300キロメートル、
東西100~150キロメートルにわたり、十数メートルずれたと想定される」と説明する。
気象庁でも、地震によって、岩手県から茨城県に至る南北400キロ、東西200キロの断層帯が破壊された可能性が
高いとみている。
想定を上回る規模となったことについては、複数の震源域が連動して想定を超える巨大地震になった可能性がある。
東北地方の太平洋プレートは年間約8~10センチの速度で陸側へ移動しており、沖合約200キロにある日本海溝から、
陸側の北米プレートの下へ沈み込む。2つのプレート境界に蓄積されたひずみが限界に達すると、境界部分が壊れて
大地震が起きる。今回の地震もこの仕組みで発生し、メカニズムは地盤が東西に圧縮される逆断層型だった。
宮城県沖地震は陸に近い海域と、沖合の日本海溝に近い2つの震源域がある。
過去の地震の規模は、陸寄り単独の震源域だとM7・4程度だが、日本海溝に近い震源域も連動すると大規模になり、
過去200年で唯一の連動型だった1793年はM8・2で、大津波が発生した。
海溝型地震に詳しい京都大防災研究所・地震予知研究センターの橋本学教授(測地学)は、
今後の詳しい解析が必要とした上で、「約200年ぶりに連動型の宮城県沖地震が起きた可能性がある」と指摘する。
ただ、地震調査委は連動型をM8・0前後と想定しており、今回の規模はさらに大きい。
プレート境界が想定を超える広範囲で破壊され、国内最大規模につながった可能性がある。
橋本教授は「過去にない事態だ。日本海溝のほぼ全域が同時に壊れた印象で、とんでもないことが起きた」と話す。
気象庁は「現時点で関係は分からない」としている。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110311/dst11031122420213-n1.htm

---------------------
巨大地震で地球の自転速度が微増か
東日本大震災を引き起こしたマグニチュード(M)8・8の巨大地震によって、
地球の自転速度がわずかに増した可能性があるとする解析結果を11日、
米航空宇宙局(NASA)の地球物理学者リチャード・グロス博士がまとめた。AP通信が報じた。
同博士の試算では、地震によってプレート(岩盤)が動き、地球内部の質量分布が変わったことで自転速度が増し、
1日の長さが100万分の1・6秒短くなったという。
グロス博士は、昨年2月に起きたチリ大地震(M8・8)の際にも地軸の傾きが変わり、
1日の長さは100万分の1・26秒短くなったと発表。
2004年のスマトラ沖地震(M9・0)では、100万分の6・8秒短くなったと分析している。(共同)
http://www.sanspo.com/shakai/news/110312/sha1103121132031-n1.htm
---------------------

大津波、北上川を50キロさかのぼる 東北大分析
2011年3月24日20時18分
東日本大震災の大津波が、北上川を河口から約50キロの地点までさかのぼっていたことが、
東北大の田中仁教授(水工学)の分析で分かった。国土交通省が北上川に設置した水位計のデータを調べた。
津波は、河口から17キロ地点にある高低差3メートル以上の堰(せき)も乗り越えたとみられるという。
岩手県が源流の北上川は、宮城県登米市で旧北上川と分かれ、本流は石巻市の追波湾に注ぐ。
旧北上川は石巻市の仙台湾に注いでいる。
田中さんが、水位計データを分析したところ、津波は追波湾の北上川の河口で7メートル以上の高さだった。
河口からさかのぼった津波は、旧北上川との分岐点を越えて、河口から49キロ地点で11センチの水位変化を記録した。
その上流の60キロ地点では計測されなかった。
田中さんは「国内に記録が残る津波の遡上(そじょう)は、河口から十数キロであることが多い。
今回の結果は今回の津波の規模の大きさを示している」と話している。(長野剛)
http://www.asahi.com/national/update/0324/TKY201103240410.html
---------------------

東北が最大3・5メートルずれる 衛星画像で地殻変動確認 国土地理院が解析
2011.3.28 07:04
東日本大震災で、岩手県から福島県にかけての東北地方が沖合方向の東向きに
最大約3・5メートルずれ動く地殻変動が起きていたことが28日までに、
国土地理院(茨城県つくば市)による衛星画像の解析で分かった。
震源(宮城県・牡鹿半島の東南東沖約130キロ)に近いほど変動が大きく、牡鹿半島付近が約3・5メートルと最大。
岩手県釜石市付近で約2メートル、同県宮古市や山形県東根市、福島県伊達市付近は約1メートルずれていた。
衛星利用測位システム(GPS)を使った測定では、牡鹿半島が東南東方向に約5・3メートル動く地殻変動を観測している。
今回衛星画像でとらえた地殻変動も、国内の地震によるものとしては観測史上最大になるという。
解析は、宇宙航空研究開発機構の陸域観測衛星「だいち」のレーダー画像に基づく。
3月15、20両日と、大震災発生前の昨年10月などに観測された画像を比較した
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110328/dst11032807050004-n1.htm
---------------------

<東日本大震災>大きな揺れを4回繰り返す 東北大が解析
毎日新聞 4月2日(土)19時2分配信
マグニチュード(M)9.0の東日本大震災で最大震度6強を観測した仙台市で、
3分間にわたって大きな揺れを4回繰り返していたことが東北大の地震波形の解析で分かった。
最初の2回の揺れだけでも、28人の死者を出した78年の宮城県沖地震(M7.4)が2度起きたことに相当する大きさで、
けた違いの巨大地震の姿が波形を通じて明らかになった。専門家は、こうした長時間の強い揺れが建築物を損傷させ、
津波に流される被害を拡大させた可能性があると指摘している。
JR仙台駅前のビルに設置した地震計のデータを同大の源栄(もとさか)正人教授(地震工学)が解析した。
瞬間的な揺れの強さを表す加速度は最大317ガルで、同地点で観測した78年宮城県沖地震の約1.3倍程度だったが、
揺れの継続時間は4.5倍だった。源栄教授は「同じ場所で観測した両地震を比較することでM9クラスの地震が
いかに長く揺れるか分かる。例えるなら初めに78年の宮城県沖地震クラスが1度起きて、さらにそれを上回る地震が起きた」
と説明する。
一般的に構造物は長い時間繰り返して揺すられることに弱い。同大の今村文彦教授(津波工学)は、
今回の揺れが津波被害を拡大させた可能性を指摘する。甚大な津波被害を出した宮城県女川町では、
これまで津波の避難場所に有効とされてきた鉄筋コンクリート造りの建築物が複数押し倒されたことが確認された。
今村教授は「長時間の揺れがコンクリート造りの建築物の基礎部分を損傷させ、津波で押し流された可能性もある。
沿岸部では、液状化や地盤の沈降もあった。今回の大震災は複数の災害が同時に起きて被害を大きくしたと言える」と話す。
【八田浩輔】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110402-00000073-mai-soci
---------------------

2000年前にも同規模津波 東北学院大調査
東日本大震災で仙台平野を襲った津波は、約2000年前の弥生時代に起きた津波とほぼ同規模とみられることが、
東北学院大の松本秀明教授(地形学)らの研究で分かった。仙台平野は貞観津波(869年)にも襲われている。
松本教授は「『1000年周期』と断定はできないが、仙台平野では結果的に1000年に1度、大津波が来ていた」と
指摘している。
研究結果は15日、仙台市青葉区の東北大片平キャンパスで開かれた東北地理学会春季学術大会で発表された。
仙台市教委と松本教授は2007年、当時の海岸線から約2キロにある「沓形(くつかた)遺跡」(若林区荒井)の
発掘調査で、約2000年前の津波に襲われた水田跡を発見。
今回はこの時期の海砂の層を調べ、当時の津波がどこまで到達したかを推定した。
東日本大震災の津波では、荒井地区で約4キロ内陸まで海の泥などの堆積物が確認された。
砂浜や浅い海底からの砂は2.3~3キロ内陸まで達していた。
弥生時代の海砂の層は最も奥で当時の海岸線から約2.5キロまで到達していた。このことから、
弥生時代の津波は内陸3.3~4.1キロまで達したと推定され、今回の津波に匹敵する可能性が高いという。
東北大災害制御研究センターなどのこれまでの研究では、東日本大震災の津波は
貞観津波を上回る可能性が高いことが分かっている。
松本教授は「地震のメカニズムや津波の波源が同一かどうかは分からないので、『1000年周期』と断定はできない。
法則性の有無とは別に仙台平野では少なくとも1000年に1度、大津波が起きていたことになる」と説明している。
過去のさまざまな研究によると、慶長津波(1611年)など、規模は不明だが
仙台平野は数百年に1度の割合で津波に襲われているとみられている。
2011年05月16日月曜日
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110516t15005.htm
---------------------


ようやく冷静に読めるようになってきたので

河北新報
ドキュメント大震災
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1072/index.htm
証言/焦点3.11大震災
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1071/index.htm
時事ドットコム:東北地方太平洋沖地震 写真特集
http://www.jiji.com/jc/d4?p=eqa200&d=d4_topics
時事ドットコム:東日本大震災 動画
http://www.jiji.com/jc/eqa#movie_rel

立石雅昭氏(新潟大学名誉教授、理学博士)
現在の日本は地震の活動期に入っていると思われる。
95年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)以降、特に2000年からは
マグニチュード7~8クラスの大きな地震が1、2年置きに各地で起こっている。
統計的に見ると、日本周辺では地震活動がおよそ25年から30年を周期に
「静穏期」と「活動期」を繰り返している。

ji.jpg




東日本大震災:「顔が水より冷たく…」 被災児童が日記
「お父さんが軽トラでもどっていった姿を見ました。津波にのみ込まれませんように。そう祈っていました」。
巨大地震と大津波が東日本を襲ったあの日、子供たちは何を見、その後をどう生きたのか。
岩手県山田町の町立大沢小学校を3月に卒業した箱石佑太君(12)が
毎日小学生新聞に寄せた体験日記には震災と向き合う姿が率直につづられていた。

◇3月11日
卒業式の歌の練習をしていました。とてもゆれの大きい地震が来ました。
最初は単なる地震だと思っていました。大津波警報が出ても、どうせこないと思っていました。
来たとしても10センチメートル程度の津波だと思っていました。全然違いました。
ぼくが見たのは、国道45号線を水とがれきが流れているところです。
お母さんとお父さんが津波が来る前に大沢小に来ているところは見ました。
だけどその後、お父さんが軽トラでもどっていった姿を見ました。
お父さんのことが不安でした。車を運転しながら津波にのみ込まれませんように。そう祈っていました。
 
◇3月18日
津波から1週間。お母さんは、もうこんなに日がたっているのに、
まだお父さんが見えないとあきらめていました。
じいやんは泣いて「家も頑張って建てるし、おまえたちだってしっかり学校にいかせられるように頑張るから、
お父さんがもしだめだとしても頑張るからな」と言っていました。

◇3月23日
卒業式でした。「ありがとう」の歌を歌っている時、
お父さんに「お父さん、お父さんのおかげで卒業できたよ。ありがとう」と頭の中で言いました。
そしたらなぜか、声がふるえて涙が少し出てきました。その夜、こんな夢を見ました。
お母さんとお父さんが宮古のスーパーマーケットから帰ってきた夢でした。
 
◇3月25日
親せきの人の携帯に電話がかかってきました。
内容は、お父さんらしき人が消防署の方で見つかったということでした。
急いで行ってみると、口を開けて横たわっていたお父さんの姿でした。
ねえちゃんは泣き叫び、お母さんは声も出ず、弟は親せきの人にくっついていました。
顔をさわってみると、水より冷たくなっていました。
ぼくは「何でもどったんだよ」と何度も何度も頭の中で言いました。
「おれがくよくよしてどうすんだ」と自分に言いました。
でも、言えば言うほど目がうるんでくるばかりです。
お父さんの身に付けていたチタン、東京で買った足のお守りや結婚指輪、携帯。
そして驚いたのが時計が動いていたことです。
お父さんの息が絶えた時も、津波に飲み込まれている時も、ずっと。
お父さんの時計は今はぼくのものになっている。
ぼくがその時計をなくしたりすることは一生ないだろう。

◇3月26~27日
見つかった時のお父さんの顔。まだ頭のどこかで見なきゃよかったと。
でも見つかったおかげで火葬もできるし、お父さんをさわることができた。
お父さんの体は水を飲んだのか胸がふくらんでいるだけだ。やっぱり見つかってよかった。

◇3月28日
きょうは火葬の日。ぼくとねえちゃんとお母さんとけいじろうは、手紙を書いて、
お父さんと一緒に入れてやりました。
拝んでいる時ぼくは「箱石家は頑張って継ぐからまかせて」と言いました。
お墓に骨を埋めるまで、ぼくに骨を持たせてくれました。骨をうめてホッとしました。

◇4月7日
きょうは、ありがたいと心から言える日でした。お父さんとぼくたちの記事を見て、
お父さんが東京マラソンを走った時の写真とお手紙を新聞の人が持ってきてくれました。
ぼくたち家族に贈る言葉や、さらにはぼくに贈る言葉の手紙もありました。やっぱりお父さんはすごい。
今日は本当にありがたい日だ。

 *    *

箱石君は25日、155人の仲間と一緒に町立山田中学校に入学した。
日記は、大沢小の子供たちが復興に立ち向かう様子を紹介する「大沢からの報告」として
毎日小学生新聞に11日に掲載。
「何回も読み、涙が止まりません。皆様が少しずつでも前に進める日がくることを願っております」
(2人の子を持つ東京都北区の女性)とのメールが届くなど大きな反響を呼んだ。
「大沢からの報告」は同紙で随時掲載され、次回は5月11日の予定。

毎日新聞 2011年4月25日 10時43分(最終更新 4月25日 14時41分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110425-00000018-maip-soci
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ