天皇陛下のご快癒を心よりお祈り申し上げます

天皇陛下入院 熱が下がらず
11月6日 20時47分
かぜのためお住まいで休んでいた天皇陛下は、熱が続いて気管支炎が重くなってきていることから、
大事を取って、6日夜、東京大学附属病院に入院されました。天皇陛下の入院に伴って、7日以降、当分の間、
憲法の規定に基づいて国事行為を皇太子さまが臨時で代行されることになりました。
天皇陛下は、今月3日の午後から発熱がみられ、侍医の診察の結果かぜと診断されて、
翌日に予定されていた今年度の文化勲章の受章者や文化功労者との茶会などを取り止められました。
しかし、その後も熱が下がらず、6日午前、東京都内で行われた知的障害者の支援団体の全国大会も出席を取り止め、
お住まいの御所で休まれていました。そして、6日午後、皇居にある宮内庁病院で専門医の診察を受け、
大事を取って東京・文京区の東京大学附属病院に入院されることになったということです。
天皇陛下は、午後8時すぎ、皇后さまに付き添われて車で病院に到着されました。
天皇陛下は最近繰り返しかかっていた軽い気管支炎の症状が重くなってきているほか、
これまでに疲れが相当たまって体の抵抗力が低下しているとみられるということです。
天皇陛下の入院に伴って、7日以降、当分の間、憲法の規定に基づいて皇太子さまが天皇陛下の国事行為を
臨時で代行されることになりました。これによって、7日に皇居宮殿で行われる秋の叙勲の大綬章の親授式は、
皇太子さまが天皇陛下の代わりを務められるということです。天皇陛下の病気のため皇太子さまが
国事行為を臨時で代行するのは、平成15年1月に天皇陛下が前立腺がんの手術のため入院された時以来のことです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111106/t10013772521000.html


= = = = = = = =
天皇陛下のご快癒を心よりお祈り申し上げます。

とても心配だけど「大事をとって」ということなので、大丈夫だと信じたい。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ