国旗

日の丸


今日は昭和の日 だからここに国旗を揚げてみた。
今日は昭和天皇の誕生日
祝日法による趣旨は
「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」とのこと
昨年、みどりの日から「昭和の日」という名称になった時はうれしかった。
(まだ反対している動きもあるが)
『昭和の日』とか『日の丸』とか『君が代』に著しい拒否反応のある人もいると思うが
=軍国主義ではない
自分の国を愛すること=全て肯定ということでもない。
ただ、教育や印象操作や圧力によって、高々と国旗を掲げ、君が代を喜んで歌うことを邪魔したり
昭和天皇の誕生日を昭和の日と命名することを阻むようなことがあるのは残念。
日本人?のなかに無自覚か意識的かどうかわからないが
「日本を壊そう」としている人がいるのは残念。

***************

ところで先日の長野での聖火リレーの赤い旗の集団はやはり動員されたものだった。
ネット記事一部引用
---------------------------------------
「聖火応援隊」やっぱり動員 中国当局が旅費負担
4月29日(火) 6時24分配信 朝日新聞
 【北京=峯村健司】北京五輪の聖火リレーへの妨害を防ぐため、各地の中国大使館側が旅費を負担するなどして、現地の中国人留学生らを大量動員していたことが関係者の話でわかった。「人間の壁」による妨害対策を指示するなど、対処マニュアルも作成。各地で赤い中国国旗を振っていた「聖火応援隊」は、やはり当局主導だった。 長野市を走った26日の聖火リレーでは、約5千人の中国人留学生らが日本各地から集まった。東京から参加した複数の留学生によると、前日から夜行バスで向かい、1人2千円の交通費を負担したが、残りの費用は、すべて大使館側が負担してくれたという。 配られたマニュアルでは、(1)聖火が引き継がれる地点にそれぞれ20人ずつ集まって「人間の壁」をつくり妨害者の進入を防ぐ(2)自分たち以外の大人数の団体を見つけたら責任者に報告する(3)不審な物を発見したらすぐに新聞紙や服で包んで排除する、などと書かれている。 さらに「体を張って妨害を食い止めてもいいが暴力を振るってはいけない」「大声を出してもいいが、相手を侮辱するような言葉は使わない」など、法律やルールを守るよう呼びかけ、現場でも注意されたという。中国のイメージが損なわれないよう配慮していることがうかがえる。(後略)
---------------------------------------
やっぱりね。
でも、私が日本を愛するように
あれは、あの国の人たちが自国を愛する姿だと理解しなくてはならないのだろうか…
それにしても組織立っていて不気味だけど。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ