富くじ

宝くじの始まりは江戸の富くじ
江戸の三富と言えば
谷中感応寺、湯島天神、目黒不動龍泉寺の富くじ

初期の富くじは木札(富札)を購入して
自分の住所と名前を書き、それを木箱に納めた。
当選番号を決める富突(とみつき)の日には
僧侶が箱の札をかき混ぜて錐で木札を突き
刺さった木札を買った人の住所氏名を読み上げた。

1等は千両、五百両。三百両、百両と様々な種類があり
賞金額によって富札の値段も違っていた。
千両富(1等賞金千両=約1億2000万円)は富札1枚が1分(約3万円)。

売り上げから当選金合計を引いた差額は開催した寺の収入となり
建物修復などの費用に使われた。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ