夢2018年5月-7月

実家?
姪たち
私はミニバイクで山道を登っている
対向車があるとよけなければならないような細い道
わりとすいすい通り、目的地に到着する

=============================================
元同僚のKAさんとKYさん
三人で食事
さらにもっと前の同僚のOAさんと、学校時代の友人のKNさんにメンバーが変わっている
さらに昔の同級生などもいる
その後どちらかの家に行くことになるバス停へ
以前住んでいた当たりの道路
バス停に並ぶ
マイクロバスかワゴン車か大型タクシーかのような数人の座席の車に乗る
KAさんとKYさんは(夢の中では)それぞれ市内南北の反対方向に住んでいるが
周りまわって近い?みたいなことを言っている
車はどちらかの職場付近を通っている
学校のような、研究機関のような大きな建物
坂道を下っている
夜だったのに朝になっている
これから他人の家にいくなんてめんどくさいし、第一いいのだろうかなどと考えている

=============================================
ロシアンブルー
とてもかわいい、初対面なのにとても友好的
口と口で挨拶
どこかの店
~~~
知らない道
鉄道が縦横に走っている
近鉄線?らしいのだが、どうやらそこは茨城県らしい
夢の中でも茨城なのに近鉄なのはおかしいと思っている
家に帰ろうとしてどこ行きに乗ればいいのかわからない
大阪行きとか宇都宮行きとかがある
とりあえず宇都宮行きに乗って東北本線に乗ればいいと思いつく
迷ったあげくある電車に乗る
きれいな座席
駅が職場?
~~~
裸足で歩く
途中で足湯につかる
裸足で良かったと思う

=============================================
学校?
課題をこなす

=============================================
大晦日?
昼間のように明るいが夜の設定
ラジオ?
姉が何か小言らしきことを言い、非常にムカつく

=============================================
実家の庭、テーブル
(でも西日本という設定が会話の中にでてくる)
家族で飲食
遠くで稲妻が光っている
南の空、黒い雲、たくさんの稲妻、雷鳴

=============================================
群馬?
平尾なんとかさんという石碑
お寺のような登り口
忍者のような蝋人形が何体もある
蝋人形かと思ったらやはり忍者だった
(イベントとして)追いかけてくる 逃げる
インド麺のような黄土色の布で覆われる
~~~
どんどん道を歩く
田んぼ
田んぼの周りにぐるっとアヤメ
~~~
犬が向かってくる、犬かと思ったら馬、
馬かと思ったら一角獣
怖いようで怖くはない
角を手で受け止める
やわらかい
~~~
天理教の看板

=============================================
両親、姉、私の4人で出かける
いつの間にか父がいなくなり、探す

=============================================
リラクゼーションのような治療院のような店
中高年の女性たちが働いている
普通の住宅を改装したような建物
古いが広々としている
私は足の指をほぐしてもらっている
~~~
湖のようなプール
名称(忘れたが)Sという文字は入っている


=============================================特許をとるような、実験室のようなところで働いている
補助的作業
方眼紙のような紙を渡され、設計図を書くように言われる
~~~
朝食 実家?

=============================================
職場?
上層部の二人がなにやら作業している
昼休み
Tさんが部屋から出てくる
二部屋をつないだような場所

=============================================
出勤途中?
コンビニから出て歩いている途中で裸足であることに気が付く
でも不快な感じではない
家に戻る
家は今現在の家ではなく、学生時代に住んでいた家の階段を上る
部屋で、何か作業している人が何人かいる
その人たちと話しをして、靴を探すが、適当なものが見当たらない
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ