おはらいばこ

御祓箱(おはらいばこ)
伊勢神宮から頒布される御祓の大麻(たいま)を入れてある箱。
江戸時代には、御師(おし)から諸国の信者へ年ごとに配りに来た。
毎年新しいのが来て古いのは不用となることから御払箱。
転じて「祓い」と「払い」かけて雇人を解雇すること。
不用品を取り捨てること。

言語由来辞典より
お払い箱は、本来「お祓い箱」と書き、
伊勢神宮で檀那(だんな)に配ったお祓いの札を入れておく箱を意味した。
「お祓い箱」の中の札は、毎年新しい札に取り替えられるため、
「お祓い」と「お払い」をもじって、不要になった物を捨てることを
「お払い箱」と言うようになり、解雇などの意味を含むようになったとされる。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ