神の旅

神の旅
旧暦10月、神々が出雲大社に集まるために旅立つということ。
冬の季語。(広辞苑より)

神様方が出雲に集まるのは人間達の縁結びの相談のためと言われている。

出雲へ集まる神様の話とは別に、旧暦の十月は
田の神様が、山に帰って行く月だともいわれている。


神在祭(かみありさい)
旧暦10月10日 
古代の神衹祭祀制度は十月が空白になっている。
これは出雲で十月に御忌(おいみ)祭が行われるからである。
「国作りの神」である大国主大神が出雲を治められていた。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ