森永製菓「チョコフレーク」19年に生産終了へ 1967年に販売開始

森永製菓「チョコフレーク」19年に生産終了へ 1967年に販売開始
9/28(金) 17:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000130-spnannex-soci

大手菓子メーカーの森永製菓は28日、プレスリリースを公式サイトで発表。
人気チョコレート菓子「チョコフレーク」の生産、販売を終了すると発表した。
国内の生産拠点の再編に伴い、商品を製造している千葉県野田市の子会社工場を
19年12月に閉鎖するため19年に生産を終える予定。
同工場で製造中の「ポテロング」は栃木県小山工場に移管して製造を続ける予定。
 「チョコフレーク」はチョコとコーンフレークを組み合わせた菓子で1967年に販売を開始。
同社の人気商品となった。
 「チョコフレーク」は森永の他に日清食品グループの日清シスコが製造している。
最終更新:9/28(金) 19:04
スポニチアネックス


森永製菓
チョコフレーク生産終了へ 子会社工場閉鎖で
毎日新聞2018年9月28日 17時39分(最終更新 9月28日 19時08分)
http://mainichi.jp/articles/20180929/k00/00m/020/021000c

森永製菓は28日、チョコレート菓子「チョコフレーク」の生産を、早ければ2019年春にも終了すると発表した。
店頭からなくなりしだい販売を終える。
生産拠点である子会社「森永スナック食品」の千葉県野田市の工場を来年末に閉鎖するのに伴う措置。
チョコフレークは1967年発売のロングセラー。森永製菓の広報担当者によると、
カカオ分の高いチョコレート人気や、スマートフォンの普及に伴って手にチョコがつきやすいことが敬遠され、
ここ数年は販売不振が続いていた。【増田博樹/統合デジタル取材センター】


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

チョコフレーク好きだったのに残念だ。





カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ